週刊文春 電子版

新聞TVが報じない西日本豪雨――天災も政治利用、安倍政権5人の卑怯者

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 メディア

 200人超の犠牲者を出した西日本豪雨。被害が拡大する中、政権中枢の面々は酒宴を繰り広げたかと思えば、国民の多くが反対するカジノ法案に邁進。そして安倍首相は総裁三選に向け、ライバル潰しに余念がない。これが、国民を蔑ろにする政治家たちの実態なのだ。

◆ ◆ ◆

「4年前と同じだね」

 西日本で200名以上が犠牲となった豪雨災害。今月9日、安倍晋三首相は、100人を超える死者を出した広島県内の惨状を伝える写真を前にこう呟いた。

 首相の頭をよぎったのは、2014年8月に広島市内を襲った集中豪雨。77名の犠牲者を出したが、当時、首相は発災5日後に現場を視察していたのだ。

「9日の正午過ぎ、11日から予定されていた欧州・中東訪問が中止になりました。災害対応に専念するためという理由で、実際に11日は岡山、13日は愛媛と被災地を次々に視察した。愛媛では、加計問題の“天敵”中村時広知事と被災地を視察し、『プッシュ型支援はどうですか?』と低姿勢で尋ねていた。中村氏の元には菅義偉官房長官から事前に連絡が入っていました」(官邸担当記者)

 ところが14日に右足の痛みを訴えた安倍首相。慶応大学病院で「股関節周囲炎」と診断され、翌15日に予定されていた広島視察は取りやめになった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年7月26日号

文春リークス
閉じる