週刊文春 電子版

「日大・田中帝国の不正入学を告発する」元職員が証言

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 教育

 監督・コーチの隠蔽工作、理事による脅迫が事実認定されても雲隠れを続ける“日大のドン”。今回、小誌の取材に対し、元幹部職員、元総長がさらなる重大疑惑を明かした。年間90億円を超える助成金が大学に注ぎ込まれるなか、最高権力者の逃げ切りは許されない。

◆ ◆ ◆

「日本大学すべての運動部を統括し、予算を握るのが保健体育審議会(以下、保体審)です。現在、保体審には34の運動部がありますが、それぞれがスポーツ推薦の入学枠を持っている。全国大会の成績などに応じ、入学試験のハードルを下げて受け入れるのですが、この“保体審入試”は以前から不透明な部分がありました。例えば、ある運動部が10人の推薦枠を持っていても、その年は採りたい学生が8人しかいなかったとすれば、枠が2人分余る。その枠を融通し合うのです。差配は保体審が行なうのですが、相撲部とアメフト部は数多くの推薦枠を持っており、監督の権限は絶大です」

 小誌の取材に対し、日大の元幹部職員が“最大の暗部”を意を決して告発する。

 それは大学経営の根幹をなす入試にかかわる不正だ。

「会見はしない」と明言した田中英寿理事長

 アメフト部が文理学部に所属しているように、運動部と各学部との結びつきは密接で、保体審の幹部が学部長らに推薦枠の受け入れを打診するのだという。

「なかには全国大会での成績を改竄したり、未経験のスポーツのユニフォーム姿で写真を撮影して申請しながら、入学後は別の運動部に入部するケースもあった。推薦枠が200万円~300万円で売買され、そのお金が監督の懐に入っていると聞いています。ただ、誰も保体審には逆らえません。以前に研修会の席で『保体審はバカばかり』と発言した幹部が理事長の怒りを買った。その幹部は降格させられ、机とパソコンだけが置かれたタコ部屋に異動になりました。彼は定年までの約2年間、そこで過ごすことを余儀なくされたのです」(同前)

“日大のドン”である田中英寿理事長(71)が相撲部総監督の肩書きを手放さない理由。そこには教育機関として存在してはならない巨大な“利権”が存在していたのだ。

 保体審入試の学生は入学から卒業まで保体審が管理するため、授業を受け持つ教授にとっても厄介な存在なのだという。

「テストの答案用紙の名前の上に“保体審”と書く学生がいます。それで点数が貰えると思っているのです。ただ、保体審入試の学生を留年させようものなら、親が『約束が違う』と文句を言ってくるので、意を汲んで点数をかさ上げしてしまう教授がいるのも実情なのです」(日大の現役教授)

“スポーツ日大”と銘打ったブランド戦略を展開している日大は近年、さらにハードルを下げたトップアスリート推薦入試制度を導入している。

「『(プロゴルファーの)石川遼クラスを入れる』という掛け声で始まったものの、初年度の入学は、商学部、文理学部、経済学部、すべて田中理事長率いる相撲部の女子選手だけでした。我々にとっては保体審という組織そのものがブラックボックスなのです」(同前)

「オレは記者会見には出ない」

 7月30日、日大を揺るがした悪質タックル問題はついに第三者委員会の最終報告の時を迎えた。往生際の悪さは相変わらずだったが、田中氏をはじめ、日大サイドの記者会見が開かれることはなかったのだ。

7月30日に行なわれた第三者委の会見

「当初、最終報告の発表は7月24日頃に行なわれる予定でした。それが約1週間ずれ込んだ理由は、第三者委員会が調査の総仕上げとして申し入れた田中理事長や大塚吉兵衛学長、常務理事らのヒアリングが延期になっていたから。田中氏が『ヒアリングは受けなくていい』と幹部を制していたのです」(日大関係者)

 ヒアリングを渋々受け入れる方針を固めたのが、24日の常務理事会だった。

「田中氏はこの期に及んでもアメフト問題の当事者である内田正人前監督(62)について『内田だけは助ける』と話し、『オレは記者会見には出ない』と宣言。そして、会見に大塚学長、アメフト部部長の加藤直人副学長、アメフト部副部長で、保健体育事務局長職務代行の道明康毅氏の3人が出席するよう指示。『アメフト以外の質問には答えるな』と釘を刺した。しかし、田中氏の責任にも言及している最終報告を目の当たりにし、当日、その会見さえドタキャンしたのです」(同前)

大塚学長も理事長の“子飼い”

 日大側は内田氏と井上奨前コーチの懲戒解雇を発表。保健体育事務局長と人事部長を兼務、常務理事として大学の“カネと人事”を握るナンバー2の立場にあった内田氏が完全に日大を去ることとなったのだ。

内田氏は愛車BMWでドライブ

内田前監督、井上前コーチは“トカゲの尻尾切り”に

 その内田氏の近況について知人が明かす。

「6月から内田氏には半年間の自宅待機処分が下っていました。無類の車好きの彼は、気晴らしに愛車のBMWで高速を飛ばし、軽井沢などにドライブに出かけていたようです。『時間は貴重』が口癖だったアメフト部の故・篠竹幹夫氏の運転手をしていただけあって、スピード狂だと聞いたことがあります。大学側からは『自宅待機中、海外に行かなければ問題ない』と言われていた程度で、まさか田中氏が自分を切ることなどないと高を括っていたようです」

 内田氏はタックルをした宮川泰介君(20)と共に被害者側から傷害罪で告訴されており、警視庁調布署や捜査一課の捜査対象でもあるが、それについても強気の構えだった。

「内田氏が日大病院に入院している時から任意の聞き取りを進めていますが、彼は『宮川一家にハメられたとしか言いようがない。すべて仕組まれたものだ』と主張しています。日大の元評議員で、産廃事業などを手掛ける実業家がいます。彼は田中氏らと対立し、日大を離れたのですが、内田氏はこの人物と宮川一家が家族ぐるみの付き合いだと思い込んでいるのです。田中憎しの意趣返しに自分が巻き込まれたという論法で、タックルの指示そのものも否定しています」(捜査関係者)

宮川選手と発端となったタックル

 一方、悪質タックルでアメフト選手としての将来を断たれた宮川君は、スポーツ科学部の3年生として、現在、就活の季節を迎えている。

「アメフト部に絶対戻らないという気持ちに変わりはないようです。夏休み期間中に日大OBと食事に行く予定で、就職活動を含めて、色々話を聞いてみたいようでした」(知人)

「俺に歯向かった奴はいなくなる」

 第三者委員会から、「反省と謝罪を含めた自らの説明責任を果たすべき」と指摘された田中理事長にも反省の色は全く見られない。

「田中氏は第三者委員会の最終報告直前も、『俺に歯向かった奴はいなくなる』『内田は3、4年で戻す』と強気の口振りでしたが、実は7月に入って辞意を口にする時期もあったようです。そんな田中氏に対し、『あんたが辞める必要はない』とハッパをかけていたのが元演歌歌手の優子夫人。田中氏が唯一、頭が上がらないのが彼女です」(別の日大関係者)

 そんな優子夫人が経営する東京・阿佐ヶ谷の「ちゃんこ料理 たなか」にも異変があった。

「本来なら日大の最高意思決定機関は理事会ですが、この店での会議が重要事項の決定を左右するといわれている。そこで“女帝”然として振る舞う優子夫人のご機嫌をとるため日大幹部がこの店に日参していたことは有名な話です。しかし一連の騒動以降、営業時間中でも、『本日貸切とさせて頂きます』と張り紙を出し、顔見知りの客以外は、入店できないようになっていました」(常連客)

ドアには「貸切」の張り紙

 田中氏の取り巻きも次々と店から足が遠のき始めた。

「優子夫人は過去にレコードを出しているのですが、常務理事の大里裕行氏はそれをわざわざ探して練習し、カラオケに行った時にその歌を選曲。優子夫人の前で歌って感動を誘い、出世したと言われていました。ですが、今では田中氏からも嫌われて店に行くこともなくなっています。優子夫人のお気に入りだった広報担当の常務理事は、いつの間にか店に行かなくなり、一連の騒動にも我関せずの態度をとっています」(前出・日大関係者)

 そして第三者委員会が“口止め工作”の張本人と名指ししたのが、アメフト部OBで前理事の井ノ口忠男氏だ。5月14日、宮川君と父親を呼び出し、「(口止めに応じなければ)日大が総力を挙げて、潰しにいく」と迫ったと公表した。

 その井ノ口氏は、疑惑に頬かむりしたまま、田中夫妻の前から姿を消した。

「田中氏は『井ノ口は全部ほっぽり出して逃げちまった』と周囲にこぼし、怒りが収まらないようです。口止め工作の際に脅迫まがいの口調で迫ったとされていますが、それが彼のビジネスのやり方。彼は10年に設立された日本大学事業部を舞台にやりたい放題でした。約7年前には大学内の自動販売機ビジネスに手を付け、各飲料メーカーに取引の条件として実姉の広告会社が扱う日大の広告協賛金として1口300万円を拠出するよう要求。これが学内で大問題となり、ヒアリング調査の対象になったのですが、井ノ口氏や内田氏は告発した職員を恫喝。結局、この職員は左遷されてしまったのです」(同前)

左から井ノ口氏、内田氏、田中氏の妻

 井ノ口氏の“理事長付相談役 事業企画部部長”という肩書は絶大な影響力を発揮した。

「学生に対する不動産賃貸紹介事業では、これまで担当してきた業者に一室につき4年間で20万円の手数料を要求。業者がこれを渋ると、使い勝手のいい懇意の業者に切り替え、都内に新築された学生寮の管理なども任せるようになった」(同前)

 井ノ口氏の2人の息子は内田氏の尽力によって推薦入試枠で日大アメフト部に入り、卒業後は日大に職員として就職しているのだ。

 事情を知る関係者が語る。

「とくに長男は優子夫人のお気に入りで、一時は子供のいない田中夫妻の養子に入るのではないかと言われていたほどでした」

 第三者委員会が指摘した田中独裁体制の“暗部”は、氷山の一角に過ぎない。

56億円の“使途不明金”

 保体審を田中氏から継承した内田氏が、裏金作りに手を染めていた実態について、小誌は6月14日号で詳報した。

 内田氏は04年から8年間にわたり、後輩のアメフト部OBに指示し、備品の請求を水増しする形で裏金を捻出。この後輩から1回につき100万円から200万円を銀行振り込みや手渡しの形で受け取っており、その合計は少なくとも1513万円にのぼっている。

「一連の裏金工作については現在、警視庁捜査二課が詐欺罪での内偵捜査を進めています。内田氏が保体審の局長職を解かれた6月11日前後には、大学上層部の指示で保健体育事務局の前に大量のシュレッダーゴミが出されていたという情報もありましたが、捜査は粛々と進んでいるようです」(社会部記者)

 捜査二課は、数年前から日大や田中氏のカネについて情報収集を行なってきた。

「14年8月に東京国税局の課税第二部資料調査第三課が、田中氏名義の証券口座に3億円近いカネが残されていることを突き止めたのですが、この調査は約2000万円の申告漏れという中途半端な形で決着をみたとされています。警察当局がカネの流れを探っていたところ、昨年10月、日大で総務課などにいた元職員が内田氏の裏金工作を刑事告訴した。それが捜査の端緒となったのです」(同前)

 この元職員に話を聞いた。

「裏金という形でカネを詐取された被害者は“学校法人日本大学”であり、本来なら大学側が捜査当局に被害届や告訴状を出すべき案件です。しかし、田中体制下ではそれは望むべくもない。だからこそ第三者の私が告発を行なったのです。保体審以外にも不透明なカネの動きはあります。その一つが日大医学部付属練馬光が丘病院を巡る約56億円の行方です」

 1991年、日大は練馬区の誘致によって光が丘病院を医学部附設の病院として開設。日大が練馬区側に50億円を供託し、30年契約で委託を受けた形だったが、その後、経営危機に陥り、日大は12年に撤退を発表した。そして、50億円の返還を求める裁判を起こしたのだ。

「日大は各学部で独立採算制をとっており、この時は医学部が中心となって各学部から資金をかき集めて50億円を用立てたのです。返還裁判は田中体制下の14年に決着、練馬区は50億円に遅延損害金として約6億円を乗せて日大側に支払ったのですが、医学部や各学部には一円も戻されることはなく、日大本部に総取りされてしまった。その使途は田中氏と彼の側近しか知らないとされているのです」(同前)

 1996年から05年まで日大の総長を務めた瀬在幸安氏はこう喝破する。

「田中君が理事長になって総長制度は廃止、総長だった大塚君は学長に格下げされ、田中君の10年に及ぶ独裁的な大学運営が始まった。彼は大学教育に携わる者として不適格です。教職員やOBからも、『耐えられない』と電話が掛かって来ますし、『田中君ではダメだ』という声が横溢している。私は歴代2名の総長と連絡を取り合っていますが、(田中氏への辞任要求は)3人の一致した意見です」

約9年、総長をつとめた瀬在氏

 瀬在総長時代、当時常務理事だった田中氏には、暴力団関係者との黒い交際や学校施設の新築や増改築工事に絡む業者との金銭授受疑惑などが渦巻いていた。そこで05年に瀬在氏は、6名の弁護士からなる特別調査委員会を作り、田中氏に自宅待機を命じて調査を行なっている。

「田中君はお金を集める能力に長け、役職に対する執着心も凄かった。私にも『相撲部の監督になって欲しい』と近づいてきたのですが、私が3期目を迎える頃には広報担当が処理できないほどの悪評が持ち込まれるようになったのです。当時私の自宅には街宣車が来て、褒め殺しのような言葉を発したり、『不適な総長だ』『早く辞めなければいけない』『身の危険がある』などと書かれた脅迫状が届くこともありました。警察から身辺に気を配るよう指導を受けてガードマンを付けてもいました」

 04年の暮れには実弾入りの白い封筒が届いたこともあったという。

「反田中と目されていた常務理事の一人にも薬莢入りの封筒が届いていました。差出人は書かれておらず、警察に届けましたが、結局それが誰の仕業だったのかは分かりません」(同前)

 その後、瀬在氏は黒い交際や業者との癒着についての中間報告を纏めた調査委員会から「白ではない。黒に近いグレーだ」と口頭で説明を受けたという。

「私は次の執行部に調査を委ねたのですが、結局うやむやになってしまいました。肝心の中間報告書も所在が不明になったとも聞いていましたし、不可解なことばかりでした」(同前)

数々の疑惑を権力でねじ伏せた

 絶体絶命のピンチを乗り切った田中氏はその後、疑惑を力でねじ伏せる権力を手にしていった。

 理事長就任後には住吉会の福田晴瞭会長(当時)や山口組6代目の司忍組長との交友を示す写真が出回り、かつて“グレー”だった疑惑はさらに黒に近づいたが、これを“合成写真”と一蹴。田中氏の大学内での権勢はますます肥大化していったのだ。

6代目山口組・司忍組長との2ショット

 瀬在氏は、田中氏の権力基盤についてこう指摘する。

「彼が出世の足掛かりとしたのは相撲部であり、保体審です。アマチュア相撲の学生横綱だった彼は理事長になった今も総監督としての立場を手放さず、その後は卒業生を中心とした組織である校友会の会長としても君臨。票に繋がる支持基盤を固め、権力を一極集中させているのです」

 最大の誤算は、来年の日大創立130周年に向けた田中氏の青写真に狂いが生じたことだ。前出の日大関係者が語る。

「日大は12年から130周年事業のための寄付として130億円を集めると宣伝してきましたが、今年3月時点で半分も集まっていないのです。教職員に対しても目標額を設定しており、理事長の100万円を筆頭に学部長クラスは50万円、高校の校長クラスで20万円、大学の課長クラスで15万円という形で、これまで2回募集がありました。強制ではないのですが、会計課長が自ら書類を持参することもあるほど力を入れているのです。そもそも田中氏は口を開けばカネの話ばかりで、教育者としての理念が感じられません。学校行事でも、他人に挨拶原稿を書かせて読み間違えばかりしている。日大豊山高校の卒業式で“ブザン高校”を“ユタカヤマ高校”と言って出席者を唖然とさせたこともあります」

 日大広報部は、「スポーツ推薦枠の不正入学疑惑」および「田中氏の証券口座に残された3億円」について「そのような事実はない」と答え、医学部附設の病院に関連し練馬区から支払われた56億円については回答を避けた。

 瀬在元総長が直言する。

「田中君は都合のいい時は自分が大学のトップだと主張し、報復人事までやっているのに、自らの説明責任を果たそうとしない。学生数7万人を誇る日大は、国や地方自治体からの助成金を受ける存在であり、一刻も早く身を引くべきです」

 田中体制に対する包囲網は確実に狭まっている。

source : 週刊文春 2018年8月9日号

文春リークス
閉じる