週刊文春 電子版

杉田水脈(51)衆院議員に「育児丸投げ」「不倫」騒動を糺す

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「彼女にゲイを名乗る人から殺害予告があったと聞いて、『大丈夫か?』とメールを送ったんです。そしたらすぐに『大丈夫です! 頑張ります』と返事がありました。これだけ騒ぎになっても動じていない様子でしたね」(杉田氏の知人)

「新潮45」への寄稿で〈(LGBTは)子供を作らない、つまり「生産性」がない〉と断じて大炎上した自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)。国民を「生産性」で選別する杉田氏は、いったいどのような政治家人生を歩んできたのか――。

◆ ◆ ◆

杉田水脈衆院議員

 杉田氏は兵庫県神戸市出身。住宅メーカー、西宮市役所勤務を経て、2012年に日本維新の会から出馬し、初当選。14年の衆院選では落選するも、昨年の衆院選で自民党の比例中国ブロックから出馬し、再選を果たした。

「杉田氏は落選中に慰安婦問題に積極的に取り組み、櫻井よしこ氏をはじめ安倍応援団の保守論客たちに気に入られた。安倍首相自身も、過激な発言で目立っていた杉田氏を『鉄砲玉として使える』と評価して、自民党から出馬させることになったのです。中国ブロックの比例名簿では、比例単独の最上位で記載されるという“特別待遇”。中国ブロックの重鎮は『安倍首相の独断でそんな横暴が許されていいのか』とカンカンでした」(自民党関係者)

安倍首相が「使える」と評価

 今年6月から、首相のお膝元、山口県連に所属する。

「複数の県連に所属を打診しましたが、比例優遇の件でのしこりに加え、言動がキワモノ扱いされ、どこも受け入れようとしなかった。最終的には安倍首相の実弟で、山口県連会長を務める岸信夫氏が地元を説得したそうです」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年8月9日号

文春リークス
閉じる