週刊文春 電子版

紀州のドンファンが「遺言状」を残していた! 「全財産を寄付」の激震

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 今年5月、謎の覚醒剤中毒死を遂げた“紀州のドンファン”こと和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助氏(享年77)。事件解決の糸口が見えない一方、莫大な遺産の行方を大きく左右する“遺言状”の存在が、小誌の取材で判明した。

◆ ◆ ◆

〈いごん〉

 ひらがなで銘打たれたA4サイズの一枚の紙。〈私、野崎幸助は〉と始まる手書きの文面には、自身と会社の全財産を田辺市に寄付する旨が明確に綴られていた。日付は今から5年前、2013年の某日。いわゆる自筆証書遺言である。

「もともと生前の野崎氏が口にしていたことのある内容ですが、書面化した遺言が、首都圏のある関係先に託されていたんです。野崎氏本人の署名と捺印もしっかりとなされています」(野崎氏の知人)

 事件から約2カ月半。これまで、野崎氏の遺言状は存在しないとされてきた。

「遺言が見つかったのは7月下旬。これから裁判所で遺言を確実に証拠保全するための『検認』手続きをすることになります」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年8月16・23日号

文春リークス
閉じる