週刊文春 電子版

「鳴り響くビンタ」「頭にソフトクリーム」塚原夫妻暴力疑惑に新証言

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ

 体操界を揺るがす暴力問題。暴力を理由に、速見元コーチの「排除」を主張する塚原夫妻だが、問題の根源は体操協会に君臨してきた彼らにあるのではないか。小誌に寄せられた2人の「暴力指導」、引き抜き工作の新証言。塚原夫妻はこの疑惑にどう答えたのか――。

◆ ◆ ◆

 朝日生命体操クラブと交流のあった元コーチは、日本体操協会の副会長、塚原光男氏(70)の指導ぶりに呆気にとられた経験があるという。

「チームを引き連れて朝日生命の体育館に練習に行った時のことです。塚原氏はその場にいた選手らにソフトクリームを買って来てくれ、『はい、おやつ』と配ってくれました。そのなかに体重調整をしている朝日生命の選手が2人含まれており、塚原氏はこの2人は『体重オーバーしているので結構です』と断わるものと思っていたようです。その場で解散となったのですが、塚原氏はその2人を呼び止め、『お前らちょっと入って来い』と指導員室に呼びました。そして『何食べようとしているんだよ』と2人のソフトクリームを取り上げて、頭に逆さまに突き刺したのです」

「食いたかったら食えよ」

 コーンが帽子のように乗ったまま、塚原氏の説教は始まったが、ソフトクリームが顔に溶け出し、一人がそれを舌で舐めたことで、再び塚原氏の怒りに火が付いた。

「最後は冷蔵庫から別のソフトクリームを取り出して、『食いたかったら食えよ』と口に突っ込んでいました」(同前)

 小誌は先週号で、光男氏と、その妻で協会の“女帝”と呼ばれる塚原千恵子女子強化本部長(71)との“暴力指導”を複数の元選手の証言とともに克明に報じた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年9月20日号

文春リークス
閉じる