週刊文春 電子版

慶応大医学部「20億円詐欺」疑惑を名誉教授が実名告発

森 省歩
ニュース 社会

〈公的研究費詐欺と言っても過言ではありません〉。衝撃的な文言が書かれた関係省庁への告発文書。不正が疑われる研究の舞台は私大医学部のトップに君臨する名門・慶応大学。出したのは、その慶応の名誉教授……。期待のリハビリ機器を巡って一体何があったのか。

◆ ◆ ◆

〈臨床試験は、その全てにおいて不正が疑われます〉

〈薬剤が使用された事実が隠蔽され、捏造した研究成果が発表し続けられた〉

〈虚偽申請を以て助成先を選定する審査員やBMI治療器に期待する多くの国民を欺き……〉

〈本研究に関連して公的資金を不正に受給しており、公的研究費詐欺と言っても過言ではありません〉

〈BMI治療器の動作やその効果を確認した者は、里宇明元(りうめいげん)氏らの研究グループ以外誰一人いません〉

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年9月27日号

文春リークス
閉じる