週刊文春 電子版

「全裸でピンポン」現職大臣の実名 議員宿舎で勝手に他議員宅の風呂に入り、隣家の呼び鈴を…

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 都心の一等地に立つ衆議院赤坂議員宿舎。敷地には警察官が常駐し、セキュリティも万全だ。その議員宿舎で深夜、ある部屋のインターホンが突然鳴った。

 覗き穴から廊下を見た議員の家族は、思わずこう悲鳴を上げたという。

「キャー、裸の変な人が立ってる!」

 裸で立っていた男性、10月2日の内閣改造で初入閣を果たした宮腰光寛沖縄・北方相(67)だった――。

待望の初入閣(右上)

◆ ◆ ◆

 宮腰氏は、富山県議を経て1998年の補欠選挙で国政に進出。当選8回のベテラン議員で、党内きっての農政通で知られる。

「“入閣待機組”の一人でしたが、所属する宏池会の岸田文雄会長が『今回は何が何でも入閣させたい』と語っていました。沖縄・北方担当政務官の経験もあり、離島もこまめに回ってきた。さとうきび農家の信頼も厚く、菅義偉官房長官も『沖縄の専門家。彼は優秀』と高く評価していました。それなのになぜ入閣できないのか、誰もが首を傾げていたほどです」(政治部デスク)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年11月1日号

文春リークス
閉じる