週刊文春 電子版

専門医が勧める受けるべき検査

鳥集 徹
ライフ 医療 ヘルス

 地域や職場の健康診断、臓器ごとに分かれたがん検診、人間ドック――多種多様な「検査」に取り巻かれる私たち。しかし、受ければいい、というものではない。検査にはおカネもかかればリスクもある。何が健康長寿に有効な検査かを見極め、賢く選ぶことが肝要だ。

◆◆◆

 本誌9月13日号に「この検査、必要なし」という記事を掲載した。

「肺がん検診(胸部X線検査)」「胃がん検診(バリウムX線検査)」「前立腺がん検診(PSA検査)」「腫瘍マーカーによるがん検診」「脳ドック検査」「頸動脈エコー検査」「軽度の頭部外傷に対するCT検査」「腰痛の画像診断」などについて、「エビデンス(科学的根拠)がない」「不要」と断じる専門家の意見に驚いた読者もいたに違いない。

 その一方で、次のような疑問を抱いた人も多かったのではないだろうか。

「では、受けるべき検査には何があるのか?」

 そこで、あらためて専門家に意見を求めた。まずは読者が最も気になるであろう、がん検診から。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年11月29日号

文春リークス
閉じる