週刊文春 電子版

ハウステンボス女帝のパワハラ地獄 HIS澤田社長は「売りに出す」と撤退宣言

「週刊文春」編集部
ビジネス 社会 企業 働き方

 カリスマ社長の手腕で一時V字回復したが、いまや減収減益で内部もボロボロのHTB。8年で幹部クラスは半分以上が辞め、1000人を超える職員が退職。職場では、虎の威を借るパワハラ女帝が吠えまくる。罵倒され続けた社長代理は適応障害でついに出勤不能に――。

◆ ◆ ◆

「明日閉めなさい! 私が閉めろと言ったら、閉めるんだよぉ!」

 両手の人差し指を突き立てながら、鬼の形相で叫ぶ60がらみの女性――。長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス(以下、HTB)」の顧問にして、パークの“女帝”として恐れられるS女史だ。

 彼女が強い口調で叱責するのは、社長代理のA氏(40代)。A氏は度重なるS女史のパワハラにより精神を患い、現在は出勤不能状態で自宅で過ごしている。小誌記者が佐世保市の自宅マンションを訪ねるとA氏が対応した。猫背でくたびれた表情ながら、小誌記者の質問にこう答えた。

「悔しいですよ。僕の前の役員などはほとんど辞めてしまった。部下に任せてくれる体制を……」

――社長とSさんの関係性を改善すべき?

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年12月20日号

文春リークス
閉じる