週刊文春 電子版

金足農「奇跡の夏」を生んだ「伝説のコーチ」〈吉田輝星ほか22人が明かす〉

中村 計
エンタメ スポーツ

 夏の甲子園の主役は、11年ぶりにその地を踏んだ東北の雑草軍団だった。絵になるエース、2ランスクイズ、サヨナラ勝ち……漫画のような快進撃に全国が熱狂した。当時から取材を続けるライターが、関係者計22人に話を聞いて見えてきた「奇跡」の深層――。(文=中村 計)

◆◆◆

 強固な信念が根付いている人の、独特の威圧感があった。

「昔の野球、昭和の野球ですよね」

 そう語るのは金足農業のコーチ、伊藤誠(44)だ。同校OBで、高校2年春には「7番・レフト」で甲子園にも出場している。高校卒業後は、捕手として地元の強豪社会人チームTDKで11年プレーした。現在はTDKに勤務しながら、母校コーチとして後輩たちを指導している。

 陰で支えてくれた――。

 伊藤の名前を出すと、ほとんどの選手がそう口をそろえる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年1月3日・10日号

文春リークス
閉じる