週刊文春 電子版

「高齢者うつ」と「認知症」 誤診すると3年で5割以上がホンモノの認知症にも

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

物忘れがひどくなってきたら、普通は認知症を疑うだろう。しかし、それは「高齢者うつ病」の場合もある。非常に似た症状が出るが、異なる病気であるため、当然、効く薬も違う。もし間違えると症状はひどくなるばかりか、本物の認知症になるケースも多いという。

◆ ◆ ◆

「高齢者のうつ病は年々、増加傾向にあります。さらに認知症の症状と似ているため見分けがつかず、誤診されてしまうケースもある」

 そう語るのは、順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院の馬場元(はじめ)医師だ。

「うつ病」と聞くと、働き盛りの世代に起こりやすい病気で、仕事や人間関係の悩みが原因で発症する、といったイメージがあるのではないだろうか。だが、実は高齢者にも多いのだ。

 厚生労働省の平成26年の「患者調査」によれば、うつ病を含む気分障害の患者数は111万6000人に上り、そのうち65歳以上の高齢者は34万人と、全体の約3割を占める。

 また、実際には大半の人が病院で受診しておらず、日本の高齢者全体で見れば、10人に1人以上がうつ病を患っているという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年6月22日号

文春リークス
閉じる