週刊文春 電子版

「歯の寿命」は10年延ばせる!

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

入れ歯で悩む高齢者は多い。だが、年を取れば歯は失うものと考えるのは間違いだ。医療の進歩で歯を長持ちさせるノウハウは飛躍的に向上した。80歳を過ぎても自分の歯で食べることは難しいことではない。まずは専門家がすすめる4つの対策から始めてみよう。

◆ ◆ ◆

「8020(ハチマルニイマル)」と言う言葉をご存じだろうか。

「80歳になった時、自分の歯を20本以上残す」ことを目標に掲げたキャッチフレーズである。

 1989年に当時の厚生省が主導して始めた運動で、高齢になっても口の中に20本の歯が残っていれば、たいていの食材は食べられる、という歯科のエビデンスに基づいたものだ。

 人間の歯は上に14本、下に14本の計28本生えている。これに加え、親知らずが上下左右に1本ずつあると計32本となる。親知らずをカウントしなければ「8020」を達成するには、自分の歯を9本以上失わなければよいということだ。

 ちなみに運動が始まった当初は「8020」の達成率は10%にも達していなかった。加齢と共に歯を失うのは「仕方がないこと」と捉えられていたのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年8月3日号

文春リークス
閉じる