週刊文春 電子版

「脊柱管狭窄症」にご用心 みのもんた、水前寺清子が警鐘

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

腰痛に悩んでいる人は多いだろう。ただ、その痛みの原因は様々で、治療法を間違えるといつまでも良くなることはない。今回は、近年特に高齢者に増えている「脊柱管狭窄症」への対策を紹介する。歩行も困難になり、寝たきりや要介護にもつながる、厄介な病気だ。

◆ ◆ ◆

「『腰痛』って一言で片付けるのは危ないよね。いろんな要因が考えられるんだから。筋肉の問題かも知れないし、骨自体の変形かもしれないわけで」

 こうしみじみと語り出すのは、タレントのみのもんた氏(72)だ。

「僕の場合、2005年の春頃から、右半身の腰から脚にかけて剣山が刺さったみたいな痛みが出るようになったんですよ。痛くて寝返りも打てないし、仰向けもダメ。立ち仕事が多いから単なる腰痛だと思い、鍼や指圧に通ってみたけどよくならなくて。病院に行ったら『椎間板ヘルニアだろう』と。ヘルニアの手術も検討し始めた矢先、ある先生に診てもらったら『ヘルニアじゃないですよ。狭窄を起こしています』って」

 みの氏は絶頂期にあった05年暮れ、NHK紅白歌合戦の司会を終えた年明けに「脊柱管狭窄症」の手術を行うと発表した。当時はまだ聞き慣れない病名だったためか、巷ではみの氏の引退説も囁かれたほどだ。

「僕も先生に『背骨が凶作?』と聞き返したくらいでね(笑)。腰痛に悩む人は世の中にたくさんいるわけですし、病名を発表した後は、テレビ局や事務所がパニックになるほど問い合わせが殺到しました」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年7月13日号

文春リークス
閉じる