SMAP「極秘独立計画」キーマンを連続直撃! ジャニー喜多川社長「それぞれに任せます」発言の裏側

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

大晦日、紅白に出演するジャニーズ勢を尻目に、中居ら独立組4人は慰労会を開いていた。木村の代わりに森を呼び、店は某芸能プロの色がついた焼肉屋。彼らがとった行動の意味は何か。本誌は知られざる独立計画と受け皿会社、そして飯島元マネの最新動向を掴んだ。

◆◆◆

「SMAPはもういい。年もとって素晴らしいと思いますよ。1人ひとりが充実してやれる。僕なんかが、老人が何を言ったって……」

 1月13日、都内のレストランで行われた「滝沢歌舞伎2017」の取材会。各紙の担当記者にジャニー喜多川社長(85)が切り出したのは解散したSMAPのことだった。

 言葉の端々に諦念が漂っている。ジャニー氏は昨年5月に「解散はない」と力強く断言しながら、メンバーを説得できなかった責任を痛感していたようだ。

「メンバーの今後について問われると『それぞれの気持ちに任せます』と語り、『ただ、出て行くということを前提に話はしていないと思いますよ』と付け加えるのが精一杯だった。翌日、各紙の見出しは〈移籍容認〉と〈独立なし〉の2つに割れていたが、ニュアンスとしては前者の方が近い。もはやジャニー氏も事務所も、無理をしてでも彼らに留まってほしいとは考えていないのです」(芸能記者)

 独立か、残留か――。大晦日の解散を経てSMAPの5人がいま再び大きな岐路に立っている。年が明け、メンバーらは早くもソロとしての活動を始めた。だが、最後まで解散に反対した木村拓哉(44)以外の4人は、今後ジャニーズ事務所との契約を更新するかどうか、不透明なままだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2017年1月26日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる