週刊文春 電子版

膵臓がん「早期発見」ガイド 見つけたときは43%以上が「ステージIV」

「週刊文春」編集部
ライフ サイエンス ライフスタイル 医療 ヘルス

 がんは日本人の死因1位だが、医療の進歩もあり、乳がんや前立腺がんなど罹患しても「5年生存率」が高いものもある。だが、膵臓がんは別だ。発見した段階で“手遅れ”ということも少なくない。今回はこの難治がんの早期発見に挑む医師たちの取り組みを紹介する。

◆◆◆

 昨年9月に国立がん研究センターが「治療開始前にがんがどれだけ進行していたか」というデータを発表した。それによると、膵臓がんはステージIVが43.4%にものぼった。部位別で最悪の数字だ。このがんを早期発見することがいかに困難かということが分かるだろう。

 そのため“がんの王様”というありがたくない異名もあり、「難治がん」の代表格とされてきた。

 ただ、この膵臓がんを何とか早く見つけようという医師たちの奮励があり、わずかずつだが、光明も見え始めている。今回は膵臓がん早期発見の最先端の取り組みを紹介したい。

 まず、膵臓がんはどのような特徴を持つのかおさらいしておこう。

 がんは日本人の2人に1人が罹患し、3人に1人が亡くなる病気である。部位別にみると、2014年の死因の1位は肺がん。次いで、大腸がん、胃がん、膵臓がんとなる。膵臓がんは13年にそれまで第4位だった肝臓がんを抜いた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年1月26日号

文春リークス
閉じる