週刊文春 電子版

雅子さまと紀子さま 愛娘たちとの“距離感”

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

眞子さまのご結婚延期が決まったが、東宮家の愛子さま、秋篠宮家の佳子さまは花盛りを迎えようとしている。来年には皇后になる雅子さま、皇嗣妃になる紀子さまにとって、愛娘たちと過ごされる時間は貴重だ。それぞれ異なる母娘間の微妙な“距離感”とは――。

◆ ◆ ◆

 小室圭さん(26)との結婚延期の発表から10日後の2月16日、秋篠宮家の長女・眞子さま(26)のお姿は、有楽町の映画館ヒューマントラストシネマ有楽町にあった。

 この日は、秋篠宮さま(52)と紀子さま(51)もご一緒だった。

「ご一家がご覧になったのは、東日本大震災から6年後の被災地で生活する人々を追った、ドキュメンタリー映画『一陽来復 Life Goes On』。“一陽来復”とは、悪いことが続いた後は物事が良い方向に進む、という意味です。

 結婚延期発表から、わずか1週間余りということもあり、眞子さまのご様子が心配されましたが、ご本人は、上映後に壇上に立った監督や出演者が話す撮影時のエピソードに肩を揺らして笑われる場面もありました」(皇室担当記者)

 この皇室担当記者は、先の試写会で最も目を引いたのは眞子さまより、むしろ紀子さまのご様子だったという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年3月1日号

文春リークス
閉じる