週刊文春 電子版

山尾志桜里 急展開 1泊2日一緒に大阪出張/倉持弁護士[義母]独占告白

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「むき出しの好奇心に屈しない」と彼女は言うが、「よくもまあ」と感じた有権者も多いに違いない。薄氷の当選から1カ月、ご都合主義の言葉を並べ、なんと不倫疑惑の相手を顧問に迎えた。「安倍政権に立ち向かう」と威勢はいいが、その言葉は空しく響くばかりである。

◆ ◆ ◆

 11月12日午後2時、“禁断愛カップル”の姿は大阪にあった。山尾志桜里衆院議員と弁護士の倉持麟太郎氏。2人の後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に登壇していたのだ。

「倉持氏はマスク姿で変装していました。数日前にトレードマークのヒゲも剃ったようで、本人は『記者に追いかけられているから。ヒゲがないと、分からないでしょう?』と悪びれる様子もなく言っていましたね」(ゴー宣道場関係者)

 スーツケースを引いた倉持氏は黒のジャケット姿。山尾氏はワンピース姿で大きいバッグを2つ抱え、会場入りした。

イベント会場に到着した倉持氏

 イベントでは倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され、山尾氏が爆笑するなど和気藹々とした雰囲気で始まった。

 冒頭、山尾氏は掠れた声でこんなエピソードを披露した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年11月23日号

文春リークス
閉じる