週刊文春 電子版

秋篠宮家 紀子さまと眞子さまの正念場  宮内庁長官も「小室さん借金問題」に表情を強張らせ…

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

納采の儀まであと1カ月。小室家の借金問題について宮内庁は対応に苦慮している。眞子さまは天皇陛下の初孫であり、帝国ホテルでの挙式には両陛下の出席も検討中だ。民間から嫁がれた紀子さまと民間に嫁がれる眞子さま。母娘はいま大きな試練を迎えられている。

◆ ◆ ◆

 年末年始は皇族方のお誕生日や重要行事が重なり、皇室の最も忙しい時期だ。

 宮内庁関係者が明かす。

「そんな折、秋篠宮妃の紀子さまと悠仁さまが皇居にいらして、職員たちが新年にむけ、さまざまな準備作業をしているところを見学されました。お2人は暮れになると、毎年こうして皇居に足を運ばれるのです。

 ただ、昨年はある秋篠宮家の職員も同行させていた。今のうちから皇居で行われている作業や手順を職員にも見学させて、将来のために着々と準備を整えられているのでしょう。紀子さまのお心構えを垣間見た思いがしました」

 来年、天皇陛下のご退位にともなって秋篠宮さま(52)は皇位継承順位一位の「皇嗣(こうし)」という立場になられる。新しく作られた称号だが、実質的には皇太子と同等であり、ご活動の大幅な拡大が見込まれているという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年2月8日号

文春リークス
閉じる