週刊文春 電子版

倉本聰「不倫は女優の肥やし」「恋する斉藤由貴さんは健康で正常です」

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能 ライフスタイル

大河ドラマの降板、出演CMの相次ぐキャンセル。斉藤由貴の不倫報道の影響は、想像以上に余波が大きく、社会的制裁は厳しいものとなった。「やすらぎの郷」で高齢者の恋愛を描いた脚本家の倉本聰氏は、「恋は当たり前」「多少は目をつぶってやるべき」と語る。

◆ ◆ ◆

「文春でも『文春砲』なんて言って、著名人の不倫を取り上げますね。僕はね、恋をするのは、人間として当たり前のことだと思っているんですよ。文春で不倫を追いかけている記者たちも、恋をしないヤツいるの? って聞きたい。

 山尾(志桜里)議員や女優の斉藤(由貴)さんにしても、こっそり恋をするのは、健康で正常な女性だと思いますよ。忙しい人たちだけに、いろいろな人との出会いがある。普通の会社へ行って、帰って来て女房とメシ食って寝ちゃうという生活と違って、いろいろな人と毎日出会うわけだから、そういう機会も多くならざるをえないですからね」

 9月29日の放送で最終回を迎えた「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)の脚本家、倉本聰氏(82)はこう語る。

 倉本氏が指摘したのは、本誌が報じた山尾志桜里衆院議員(43)と9歳年下の弁護士との不倫熱愛や、女優・斉藤由貴(51)と医師とのダブル不倫の件だ。

 報道後、山尾議員は所属していた民進党を離党。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2017年10月12日号

文春リークス
閉じる