週刊文春 電子版

ピースボート570億円豪華客船計画が“座礁”

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 経済 企業

 乗客定員1800人、建造費570億円。世界一周旅行を手がけるNGO「ピースボート」(東京)が進めていた“豪華客船”の建造計画が暗礁に乗り上げたという。国際的なクルーズブームのなか、老舗NGOに何が起きているのか。

◆ ◆ ◆

 ピースボートは1983年、早稲田大学の学生だった辻元清美氏(現・衆院議員)や吉岡達也氏(現・共同代表)らが設立した。

「地球一周の船旅は安価な価格設定のため、若者の参加者が圧倒的に多い。船上で9条改正反対といった護憲や核兵器廃絶、環境保護を訴え、渡航先に北朝鮮を選ぶなど、政治的な活動が指摘されてきました」(クルーズ業界関係者)

左:設立者の辻元氏/右:共同代表の吉岡氏

 そんなピースボートの周辺が騒然となったのは、1月22日のことだ。ピースボートの船旅を企画・実施する旅行会社「ジャパングレイス」(東京)の公式HPに、次の文章が掲載された。

〈エコシップの造船契約を締結しているアークテック造船所より(中略)当初完成予定の2020年3月からは2年遅れとなる2022年3月完成という結論が提示され、その変更を受け入れるしかないとの判断に至りました〉

「エコシップ」とは、ピースボートが15年に発表した「世界でもっとも地球にやさしい未来型客船」を謳った新型クルーズ船だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年2月7日号

文春リークス
閉じる