週刊文春 電子版

「TOKIO育ての親」ジュリー副社長は“ほっかむり姫”

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能

ジャニーズ事務所副社長、藤島ジュリー景子氏。彼女が挙げた最大の“業績”こそTOKIOの育成だった。叔父と母が築き上げた「帝国」を継承する日が間近に迫ったタイミングで勃発した山口問題。しかし彼女は姿を現さない。今、ジャニーズに何が起きているのか?

◆ ◆ ◆

 5月6日、ジャニーズ事務所の総帥・ジャニー喜多川社長(86)は横浜アリーナを訪れていた。この日、全国ツアーの千秋楽を迎えたSexy Zoneを激励。午後3時半過ぎに関係者口を出ると、スタッフに囲まれながらおぼつかない足取りで車に乗り込んだ。

 ジャニーズ事務所がTOKIO・山口達也(46)との契約解除を発表したのはそれから数時間後のことである。TOKIOのメンバーから退職届を託されたジャニー氏は「私が責任を持つ」「私が決める」と宣言し、リーダーの城島茂(47)と協議したうえで正式に受理したという。

 一連の山口問題を巡り、前面に立ったのはジャニー氏のように見える。だが、実際に報道発表のタイミングや、会見を開くか否かの判断をしたのは藤島ジュリー景子副社長(51)だった。かつて小誌のインタビューでメリー喜多川副社長(91)が“次期社長”と名指ししたメリー氏の愛娘である。マスコミ操縦の豪腕ぶりで鳴るメリー氏だが、彼女もまた今回、事態収拾にはほとんど関与していない。

 4月26日午後、山口の謝罪会見を生放送で見ていたメリー氏は、吐き捨てるようにこう言ったという。

「見苦しいわね」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年5月17日号

文春リークス
閉じる