週刊文春 電子版

小室母子が見た修羅 「父自殺」の真相

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

眞子さまとの婚約延期の引き金となった小室家の借金問題。そこには圭さんの父親の不在が大きく影響している。なぜ父は若くして自殺したのか。皇室関係者の多くが関心を寄せる、その真相を探るなかで見えてきたのは、小室母子が歩んできた「修羅」の半生だった。

◆ ◆ ◆

 昨年の10月初め、小室圭さん(26)は、藤沢市西部に位置する小田急江ノ島線沿線の駅から歩いて10分ほどの家をひとり訪ねた。

 その家は四方を立派な石塀に囲まれ、門をくぐると中庭に手入れの行き届いた立派な松が何本も植えられている豪邸だ。

 表札には「小室」とあるが、圭さんがその家を訪れたのは20年ぶりのことだった。眞子さま(26)との婚約内定会見を終えてから約1カ月。スーツ姿の小室さんは、この日も緊張した面持ちで現われたという。

 小室家の親族が語る。

「ちょうど地元のお祭りがある日でした。その数日前に、圭くんから『婚約しました』という連絡があったので、一度、遊びにいらしてくださいと伝えたんです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年5月3日・10日号

文春リークス
閉じる