週刊文春 電子版

小室圭さん黒縁メガネで猛ダッシュ〈NY緊急報告 髪は伸び、装いを変え〉

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「最近の彼は、時々黒縁メガネをかけています。以前はかけていなかったので、もしかしたら変装なのかな。髪もずっと切っていないようで、伸びてきた前髪やサイドの髪を後ろに流していてセクシーな感じ。服装は黒いシャツにグレーのVネックのニットを合わせるなど、シックでニューヨーカーっぽい雰囲気です。当初より少しやせたようにも見えますね」(フォーダム大学ロースクールの学生)

◆◆◆

 1月22日に母・佳代さん(52)と元婚約者X氏との借金問題説明文書を公表した小室圭さん(27)。婚約延期が公表された昨年2月6日からちょうど一年という節目を前に、解決に向けて踏み出した一歩は賛否両論を呼んだ。以後沈黙を守る彼の近況が、小誌の現地取材で初めて明らかになった。

 フォーダム大学ロースクールは、マンハッタン島のど真ん中にある。

「今は春学期の真っ最中で、3月下旬の春休みを挟んで5月まで忙しい日々が続きます。先日彼を見かけた際は、授業が終わると即教室を出て、猛ダッシュで階段を駆け下りていきました。寮は授業棟から中庭を挟んで反対側にあるのですが、その階段は寮に繋がる通路に最も近い。最近のNYは時に氷点下の寒さですが、コートもなしでバッグだけを持っていたので、そのまま寮に帰ったのでしょう。マスコミを警戒しているのか、普段からその通路をよく使っていて、表には出ずに寮と授業棟を行き来しているようです。

 実際、勉強はかなり大変です。授業は月曜から木曜。一年で24単位必要で、彼も週に5~6コマはとっているはずです。一回の授業で50~60ページも進むので、予習、復習に何時間もかかる。朝から晩まで勉強です」(同前)

ロースクールでの小室さん

 小室さんの代理人を務める上芝直史弁護士も、小誌の取材にこう明かしている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年2月21日号

文春リークス
閉じる