週刊文春 電子版

「悪い奴とは思えない」投資詐欺キングをかばう元自民党三役

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 経済 マネー

 自ら「KING」と名乗り、歌手や宮司などの顔も持つ投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」の実質的経営者、銅子正人容疑者(41)が2月13日、愛知県警などに詐欺容疑で逮捕された。中高年女性を中心に全国約1万3000人から約460億円もの巨額資金を集めた彼の人脈は、元自民党三役から暴力団関係者まで、縦横無尽に張り巡らされていた。

◆◆◆

 愛知県警関係者が語る。

「テキシアは、銅子を頂点として、地域ごとに勧誘のリーダーを置くピラミッド型の構造になっています。今回逮捕された10人の幹部のなかで、立ち上げメンバーの一人が山口組弘道会系の武闘派組織の幹部だった中村外喜治でした。彼が岡山県警OBの三好輝尚をグループに紹介。『一口100万円で、月3%の配当』というあり得ない投資話でしたが、三好から『借用書をとれば、集めた金を返せなくても、返済の意思はあったと主張することで民事債務不履行で逃げ切れる』と指南を受けていたようです」

 銅子は福井県出身。地元ではサッカー少年として知られ、愛知県の中京高校に進学、阪南大学時代は天皇杯や大学選手権にも出場した有望選手だった。

「トレーナー業を経て、投資会社を始めた頃には半グレ集団の関東連合の関係者と接点があり、銀座の高級クラブで派手に飲み回っていました」(銅子の知人)

 2013年にテキシア設立後は、全国でセミナーやイベントを催し、巧みな話術で中高年女性の出資者を惹き付けていった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年2月28日号

文春リークス
閉じる