青山学院理事長の小学校「300万円」入学口利きを告発する

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 教育

 私たち夫婦は息子を入学させようと、高級フレンチや大相撲の枡席で理事長を接待し、300万円を寄付。理事長は内規で禁じられている推薦状を受け取り、学内で模擬面接も行われました。「合格すれば、さらに3000万円」との話も飛び出し……。

◆ ◆ ◆

2018年5月の「理事長再任祝い」の会食

 ここに一枚の写真がある(上)。日付は、2018年5月14日。場所は都内のイタリア料理店「I」。写真の真ん中に座るのは、幼稚園から小、中、高、女子短大、大学を傘下に持つ巨大学校法人・青山学院のトップに君臨する堀田宣彌(のぶみつ)理事長である。隣には、山本与志春院長が並んで座り、2人とも両手でスイーツの盛られたプレートを持ち、わずかに笑顔を浮かべている。そこにチョコレートソースで描かれているのは「Congratulation!」の文字。2人を囲むようにして後ろに並ぶのは、右から青学アドバイザーの竹石爾(ちかし)氏、青学出身の俳優・高橋克典、OBからなる社団法人「青山学院校友会」の田中孝一元副会長、左端にOBの政治家・中田宏氏と、錚々たるメンバーだ。

 中田氏の右横に写る男女が、今回、青学の闇を告発する鎌田夫妻(仮名)である。

 この会食の趣旨を、会社経営者の鎌田雄一氏(50代)が語る。

「4月に堀田理事長の再任が決まり、さらに、常務理事だった山本さんも7月から院長に昇格することが決まった。そのため、お店を借り切ってお祝いの会が行われたのです。私は堀田理事長や山本院長をはじめ、出席者の皆さん8人に、お祝いとして1本2万5000円ほどの日本酒『菊理媛(くくりひめ)』をお渡ししました。合計20万円強の領収書も保管しています。翌日には、山本院長から電話で『ありがとうございました』とお礼を言われたのを覚えています」

 実はこの会は、鎌田夫妻が愛息のA君(6歳)を青山学院初等部に是が非でも入学させるため、周到に練られた計画の一部だった――。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2019年3月21日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫