週刊文春 電子版

GACKT“違法営業疑惑”音声 「1000万が2億に」と仮想通貨を宣伝

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 経済 マネー 芸能

「代理店になった方が良いと思います。仮想通貨の世界のコミッション(販売手数料)って異常なんですよ。25%入るんですよ」

 17年11月4日、インターコンチネンタルホテル大阪28階のクラブラウンジ。ダメージジーンズにブーツを合わせ、サングラス姿で登場した歌手のGACKT(45)はあの美声で熱弁を振るっていた――。

◆ ◆ ◆

 GACKTと言えば、主演映画「翔んで埼玉」が大ヒット中。埼玉県民が東京都民から迫害を受けているという“仮想世界”が舞台で、公開から1カ月で興行収入25億円を突破した。

 そのGACKTが“現実世界”でトンデモない関わり方をしていたのが、仮想通貨「スピンドル」だ。

「仮想通貨業者のブラックスターが手掛けていたのが、スピンドルを発行し、事業資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)と呼ばれるビジネスです」(金融庁関係者)

 だが金融庁は17年10月27日、ICOには価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていた。その僅か1週間後、開かれたのが、冒頭の“商談会”である。小誌は今回、その音声データを入手した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年4月4日号

文春リークス
閉じる