週刊文春 電子版

大塚家具・久美子社長を救った中国人社長が助成金1.3億円不正受給

「週刊文春」編集部
ビジネス 社会 経済 企業

「創業50年になる今年、大塚家具は日本から一歩、踏み出します」

 今月4日、外国人記者クラブで行われた大塚家具・大塚久美子社長(51)による記者会見。3年連続赤字の中、久美子社長が打ち出したのは「中国市場への進出」だった。そのパートナーは、日中間の電子取引サービスを手がけるハイラインズ(以下、ハ社)。会見にも同席したハ社の社長・陳海波氏(46)だが、実は、隠された過去があった。

◆ ◆ ◆

 経済部記者が解説する。

「2015年のお家騒動以降、業績が上がらず、存続の危機に陥った。貸し会議室大手のティーケーピーなどへの身売りの話も浮上したが、久美子社長の引責辞任が条件とあってまとまらなかった。そこに救いの手を差し伸べたのが、大塚家具を手本に中国で急成長するイージーホームです。ただ同社は上場を控えており、巨額の出資ができない。そこで日本に拠点を置く陳氏のハ社が中心となった企業連合で約18円の出資が決まりました」

 ハ社との業務資本提携は久美子社長の主導で決まったという。

「現在の大塚家具は久美子社長の独裁体制であり、今回は、久美子社長自らが中国を訪問し、交渉をまとめてきました。一方、陳氏は久美子社長に対して、『父親と和解したほうがいい。家族で客を奪い合っても仕方がない』と和解を勧めた。すると久美子社長は断絶が続く父に対して、『いつか理解してもらえる』と会見でコメント。久美子社長は陳氏を信頼しきっているのです」(大塚家具関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年4月4日号

文春リークス
閉じる