週刊文春 電子版

飯田HD“婿社長”「二人の愛人」写真 1.3兆円企業「創業家」から三下り半

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

 戸建てシェア日本一、大手不動産会社の飯田HD。そのトップに君臨するのが、西河洋一社長だ。ところが、多忙な社長業の合間を縫って、二人の愛人と逢瀬を繰り返す日々。そんな夫に対し、創業家の二女である妻が先日、1億円の損害賠償請求訴訟を起こした――。

◆ ◆ ◆

 2018年8月12日の昼下がり。真夏の太陽が照りつける中、熱海の温泉街を闊歩する中年のカップルがいた。黒の短パンにTシャツというラフな装いの男。時に腕を絡ませながら、寄り添うように歩く松雪泰子似の女は、鮮やかな花柄のノースリーブのワンピースに身を包み、カールした長い髪を揺らしている。二人は地元のスーパーやホームセンターで一通りの買い物を終えると、男のレクサスに乗り込み、温泉街の中心地に位置する石造りの別荘へと消えて行った。

レクサスに乗り込む西河氏とA子さん
この後、伊豆スカイラインへ

 二人の逢瀬は、2日後の14日まで続く。食堂で遅めの昼食を楽しんだり、スーパーで食料品を買い込むほかは、ほとんどの時間を別荘で過ごしたようだ。男はJR熱海駅で愛車のレクサスから女を降ろすと、自宅のある東京方面へと走り去ったのだった――。

西川氏が密会していた相手とは?

 都会の喧騒を離れた熱海で、人目を忍ぶようにバカンスを楽しむ男の正体。東証一部上場の大手不動産会社「飯田グループホールディングス(飯田HD)」の代表取締役社長、西河(にしかわ)洋一氏(55)だ。

 経済部記者が解説する。

「『飯田のいい家』などのキャッチフレーズで知られる飯田HDは、売上高(18年3月期)約1.3兆円を誇る大企業です。三菱地所(約1.2兆円)などを上回り、不動産業界第2位。低価格の建売住宅を得意とする“パワービルダー”で、特に戸建分譲住宅の販売シェアでは日本一です」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年4月11日号

文春リークス
閉じる