週刊文春 電子版

母の慟哭告白〈協会、栄元監督らを提訴〉レスリング代表合宿で全身不随 息子は「殺してくれ」と私に…

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ

「息子は首から下の感覚がありません。両手足だけでなく、体幹の感覚もないんです。生殺しというか、首から下を生き埋めにされているようなものです。

 息子はずっと『怖い、怖い』と口にしていました。最初の頃は『お母さん、俺のここ触ってみて、あそこ触ってみて』と私に体を触らせるのですが、『わからへん、わからへん』って。もちろん手を握っても反応はない。そして涙を流しながらこう言うんです。『今まで普通に過ごしてきたけど、俺はかゆいとこもかかれへんし、涙もふかれんくなってしまったわ』」

 こう切実に語るのは、レスリング元学生王者の谷口慧志(けいじ)選手(22)の母親だ。

◆◆◆

 2017年9月13日、拓殖大3年生だった谷口選手は、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた代表強化合宿に参加。社会人選手(24)とのスパーリングで投げ技を受け負傷。頸髄損傷・神経断裂という大怪我を負い、全身不随の状態で回復の見込みがないと診断された。

 そして今年3月28日、谷口選手と母親は、日本レスリング協会の強化本部長だった栄和人・元至学館大監督、相手選手らに対し、損害賠償を求める訴訟を起こした。

福田富昭会長

 谷口選手は代理人の貞友義典弁護士による聞き取りに対し、事故当時の状況を次のように語っている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年4月18日号

文春リークス
閉じる