週刊文春 電子版

NHKより悪質! 朝日新聞が武富士から受け取った「ウラ広告費」5000万円――「もう一度読みたい、あのスクープ」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 メディア 企業

『週刊朝日』編集長から提案された企画書に目を通した。武富士・武井会長(当時)は、『これならいい』と即決。朝日側への5000万円の資金提供が決まった。武富士が盗聴をはじめマスコミ工作に躍起になっていた時期のことである。その後、武井会長が逮捕されると朝日社内は大混乱。だが、最終的な結論は「隠蔽」だった――

※「週刊文春」創刊60周年企画「もう一度読みたい、あのスクープ記事60本」より、アンケート得票数の高かった記事を特別再録します。本記事は2005年4月7日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

 3月4日、朝日新聞の朝刊一面トップにこんなスクープ記事が掲載された。

〈贈与1600億円無申告
 武富士前会長の長男 海外移住装い
 個人最高の1300億円追徴 国税局指摘〉

 武富士といえば、社員への過大なノルマ、警察や暴力団との癒着、盗聴事件など、様々な批判を受けてきた消費者金融トップクラスの企業だが、それに親族の巨額申告漏れという新たな闇を指摘されたのだ。

 だが、この記事に対して、ある武富士関係者は不快感を隠さない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2005年4月7日号

文春リークス
閉じる