週刊文春 電子版

舛添知事「公用車」で毎週末「温泉地別荘」通い[告発スクープ]――「もう一度読みたい、あのスクープ」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

〈ロンドン・パリ5泊で20名5000万円也〉舛添要一都知事による豪華すぎる海外出張への批判は収まる気配がない。だが、当の舛添氏はワシントン出張でもスイートルーム泊を敢行。そんな折、舛添氏の血税乱費を徹底取材してきた小誌に“新たな疑惑”がもたらされた。

※「週刊文春」創刊60周年企画「もう一度読みたい、あのスクープ記事60本」より、アンケート得票数の高かった記事を特別再録します。本記事は 2016年5月5日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

 4月22日金曜日、午後2時30分過ぎ。東京都庁第一本庁舎のエントランスホールには、黒塗りのワンボックスカーが横付けにされ、SPや警備員、都庁の幹部職員10名ほどが周囲を睥睨していた。

 そこに姿をみせたのは、定例の記者会見を終えた舛添要一都知事(67)だ。

 舛添氏は足早に車に乗り込むと、職員たちに軽く右手を上げ、後部座席に身を沈めた。

 それから約3時間半後の午後6時――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2016年5月5日号

文春リークス
閉じる