週刊文春 電子版

[第2の森友]五輪選手村マンション1500億円値引き 小池百合子 隠蔽文書を入手

ニュース 社会 政治 スポーツ

 東京五輪は1年以上先だというのに、五輪選手村をリフォームするマンションが話題沸騰中だ。だが調べてみると、根拠の不透明な巨額値引き、業者の優遇、天下りと疑惑が渦巻いているのに東京都知事は知らん顔。疑問を感じた関係者がもたらした極秘資料には……。

文:清武英利(ノンフィクション作家)+小野悠史(ライター)+本誌取材班

◆ ◆ ◆

 黒いイブニングドレス姿の小池百合子は、見たくないものを見せられたかのように、眉間にしわを寄せた。

 4月21日。江東区の東京都現代美術館から式典を終えて出てきた小池に、記者が黒塗りだらけの書類を見せながら、こう声をかけた時のことだ。

――この“のり弁”を開示するつもりはないですか?

「……」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年5月2・9日号

文春リークス
閉じる