週刊文春 電子版

元少年Aを直撃!「命がけで来てんだろ? お前、顔覚えたぞ!」――「もう一度読みたい、あのスクープ」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

1997年、社会を震撼させた神戸連続児童殺傷事件。それから18年が過ぎた昨年6月、元少年Aは手記を刊行し、再び世間を騒がせた。以来、本誌は彼に話を聞くべく取材を続けてきた。250日に及ぶ取材で浮かび上がった彼の実像、そして少年法の問題点とは。

※「週刊文春」創刊60周年企画「もう一度読みたい、あのスクープ記事60本」より、アンケート得票数の高かった記事を特別再録します。本記事は2016年2月25日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

 1月26日、東京都内にあるアパートの駐輪場。ダウンジャケットから手袋まで全身黒ずくめの男は、いつものように自転車にまたがった。

 身長165センチ前後、大学生と言われても信じてしまうほど幼い顔つきだ。シャワーを浴びたばかりなのか、髪は濡れたままだった。

 久しぶりの外気を味わうかのように、リラックスした様子で、フラフラとペダルを漕ぎ続ける。

 向かう先にはショッピングモールがあった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2016年2月25日号

文春リークス
閉じる