昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1000作品以上集めてわかった「マンションポエム」に隠された“ワナ”

2018/12/18

 マンションポエム。マンション広告に見られる詩的なキャッチコピーのことをぼくはそう名付けた。「洗練の高台に、上質がそびえる」(野村不動産「プラウドタワー白金台」)といった名調子のことだ。折り込みチラシや、駅や電車内の広告などでよく見かける。物件のアピールの域を超えたその表現は、ポエムと呼ぶにふさわしい。

©iStock.com

 ぼくはここ数年、よせばいいのに、このマンションポエムを精力的に収集しており、ハードディスクにはポエム画像がたくさんたまっている。

タカラレーベン「レーベン高崎GRADIA」ウェブサイトより
野村不動産「プラウドタワー木場公園」ウェブサイトより
三井不動産レジデンシャル「パークホームズ南麻布ザレジデンス」ウェブサイトより

 数えたところ、これまでに集めたマンションポエムは1148物件。一番古いものは2004年のものだ。中でも、お台場海浜公園駅のそばに建つツインタワー「THE TOWERS DAIBA」のポエムが印象的だった。

「『惑星』のような輝きを放つ」

オリックス・リアルエステート株式会社/東京建物株式会社/阪急不動産株式会社「THE TOWERS DAIBA」ウェブサイトより

「『惑星』のような輝きを放つ」という表現に、それは惑星と言うより恒星ではないのか、と思ったのをよく覚えている。以来十数年。「もうぼくが驚くようなポエムは出てこないだろう」と思うのだが、そんな悲観的な観測を覆す逸品が毎年必ず出現する。業界の「詩人」たちには敬意を表する。

 ぼくが収集の対象としているのは分譲マンションだ。ポエムを謳うのはおおむね4000万円以上の物件であることがわかった。全国にマンションポエム付き物件があるが、東京や大阪、名古屋を中心とした都市に限られる。ちなみに海外にもある。