昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「豚そば 成」は、なぜ12球団のファンが集まるラーメン屋になったのか

文春野球コラム ウィンターリーグ2018

2018/12/16

 今年も依頼来るかな? 来ないかな? と思いながら日々過ごしてきたがやっぱり来た、ウィンターリーグの執筆依頼。「ラーメンと野球を井手隊長ならではの切り口でお願いします」というぶん投げ企画(笑)。

 ラーメン専門のライターとしてやらせていただいているものの、プロ野球も大好きで、小学1年の時に清原の活躍を見てしまって以来、30年来の西武ファンだ。今年は喜び半分、悔しさ半分、そしてFAでの悲しみがプラスオンという一年だった。

 今回の企画はどうしようかいろいろ考えたが、そういえばプロ野球好きのラーメン屋さんってどれぐらいいるんだろうという疑問が湧いてきた。知り合いのラーメン評論家さんやラーメンフリークから情報を集めたらいくつか候補が現れた。

 プロ野球好きでも、野球を観ていてラーメン作りが疎かになってしまうお店では困る。ラーメンが美味しいのが大前提だ。そんな中でも一番多くの方から紹介されたお店が横浜は下永谷にある「豚そば 成」。有名店出身で確かな腕を持った店主が営む、12球団のファンが集まる、プロ野球なくして成り立たないぐらいのお店らしい。

 今回の趣旨を説明したところ、喜んで取材を受けてくれた店主・指村成彦さん。まずは指村さんの経歴を見ていこう。

「豚そば 成」店主の指村成彦さん ©井手隊長

なぜラーメン屋「豚そば 成」に12球団のファンが集まるのか

 大学時代、「一風堂」が新横浜ラーメン博物館にあった頃にアルバイトで入り、ラーメン作りを覚える。一度就職をするが、2002年「一風堂」出身の中坪正勝さんが独立して開店した「麺の坊 砦」(渋谷・神泉)に社員として招かれる。こうして再びラーメンの世界に。

「砦」は人気店となり、指村さんはその後店長に。独立は特に考えていなかったが、家のある下永谷から渋谷まで通うのが大変だったこともあり、地元でラーメン店を開くことを考え始める。6年の修業の後、2008年6月、「豚そば 成」をオープンした。

 1番人気は「豚のり玉そば」。「一風堂」「砦」イズムをしっかり感じる本格博多豚骨ラーメンで、臭みは全くないがクリーミーで豚骨の旨味がバッチリで旨い。激戦区である環状二号線沿いでも人気のお店だ。

1番人気の「豚のり玉そば」 ©井手隊長

 ラーメンは旨いが、球場に近いわけでもない、店主が元プロ野球選手というわけでもない。ではなぜこのお店にプロ野球ファンが集まるようになったのか。

 幼い頃から大の巨人ファンの指村さんだが、「一風堂」「砦」での修業時代はもちろん野球を観ることができない。野球ニュースで結果を見て我慢する日々が続いていた。いよいよ自分の店を持つことになっても、お店にテレビを置くことはやめた。野球が気になってラーメン作りに集中できなくなるからだ。

 プロ野球ファンなら勘づくかと思うが、「成」がオープンした2008年は巨人が絶好調。84勝57敗で優勝した年である。打ではラミレスや小笠原が大活躍、投でもグライシンガー、内海、クルーンが大躍進した年だ。せっかく自分のお店を持ったのに、絶好調の巨人の試合を観られないなんて……。結局指村さんはラジオでナイターを毎日流すようになる。そこから完全に火が点いてしまった。

 毎日ナイターを流しているので、プロ野球好きの人が自ずと集まるようになる。一緒に巨人を応援してくれる人もいれば、逆に巨人が負けている日には嫌味を言いに来る人も。今や開幕前、オールスター前、日本シリーズ後の年3回、プロ野球ファンを集めてお店で飲み会を開くほどに。ユニフォームは各種取り揃え、その数300以上。お客さんにも無理矢理ユニフォームを着せて飲み会を開いている。

 そんな指村さんにお話を伺ってきた。