昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

立ち食いそばの聖地・川崎にある『ポツンと一軒家』系そば「大年」

2019/01/22

genre : ライフ, グルメ

 川崎市は東西に細長い。東京に至近であり、物価も安く、ベッドタウンとして人気である。武蔵小杉では今も高層マンションの建設ラッシュが続く。

川崎は「立ち食いそばの街」である

 そんな「便利な街、川崎」だが、実は、大衆そばファンには見逃せない事がある。それは、「川崎には立ち食いそば屋・大衆そば屋が数多くあり、しかも東西に広く点在している」ということである。ざっと列記してみる。

川崎といえば川崎大師(川崎区)。初詣には毎年数百万の参拝者が訪れる ©iStock.com

川崎区:かずみ@大島、はるな@渡田、山一@渡田新町・藤崎、濱や@小川町、高田うどん@貝塚、金亀@砂子、浜そば@浜町、新八@東田町、いはら屋@浜川崎、大和@川中島、えきめんや@京急川崎駅、ゆで太郎@砂子、富士そば@小川町、箱根そば@川崎駅前

 

幸区:大年@下平間、かしわや@鹿島田、つかさ@平間

 

中原区:山七@新丸子、かしわや@武蔵新城・武蔵小杉、しぶそば@武蔵小杉駅、富士そば@元住吉

 

高津区:梅もと@溝の口駅、ベルハウス@高津

 

多摩区:箱根そば@登戸駅、爽亭@登戸駅、星川製麺@中野島、角あき@稲田堤

 

麻生区:箱根そば@新百合ヶ丘駅

川崎市にはこんなに多くの大衆そばのお店がある。今回訪れた「大年」は幸区にある

 確かに多い。特に臨海部(川崎区)に多い。これは京浜工業地帯全盛期の頃の名残だと思う。店を地図でみていくと、川崎街道(府中街道)、南武線に沿って点在していることがわかる。

 川崎は多摩川の河川域であり、しかも南側には多摩丘陵が続いている。昔から良質な水があり、製麺屋も多かった。中野島の星川製麺は明治30年の創業である。東京や横浜などの大消費地が近く、府中、立川、多摩地区への人や車の流れも相当なもの。そこに自然発生的に立ち食いそば屋などの大衆そば店が誕生していったと考える。

「ポツンと一軒家」的なそば店

 前置きが長くなってしまったが、そんな川崎の大衆店の中から、ぽつんと一軒家的なお店を紹介しよう。下平間の「大年」である。

 年も明けた1月最初の三連休の土曜日、挨拶がてら「大年」に行こうと南武線の鹿島田駅に降り立った。南側は横須賀線「新川崎駅」に続くエリア。こちらも早々と高層マンションなどの開発が進んでいるが、北側(多摩川方向)のエリアは昔ながらの下町風の商店街が続いている。駅から歩くこと10分少々。飲食店などがなくなってきた旧川崎街道沿いに「大年」はぽつんと営業していた。

鹿島田駅から多摩川方面を望む。「大年」までは徒歩で10分ほど