昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

筒香会見「新聞社が主催しているので」発言をやっぱり“朝毎”は報じなかった問題

2019/02/01

 高校野球・春のセンバツの出場32校が発表された日、ある会見がおこなわれた。

「筒香、高校野球にも球数制限を!『大事なのは子どもたちの将来』」(スポーツ報知1月26日)

 DeNAの筒香嘉智外野手が日本外国特派員協会で会見し、子どもたちと野球に関する提言をした。「育成の現場における勝利至上主義からの脱却」や、子どもの野球人口が減っている一因に「指導者の罵声や暴言がある」とも指摘。

日本外国人特派員協会で記者会見を行った筒香 ©末永裕樹/文藝春秋

スポーツ報知が報じた、高校野球に対する筒香の“この言葉”

 また、

《トーナメント制が肩肘を負傷する元凶と指摘し、高校野球における球数制限の導入を訴えた。》

 と高校野球にも言及。

 スポーツ報知は高校野球に対する筒香のこの言葉を最後に伝えた。

《「新聞社が主催しているので、子供たちにとって良くないと思っている方がたくさんいても、なかなか思いを伝えられていないのが現状だと思う」とメディアの報じ方についても問題提起した。》

©文藝春秋

 筒香のすばらしいホームラン。

 ではこの会見を、高校野球を主催している毎日(センバツ)、朝日(夏)はどう伝えたのか。1月26日の紙面を調べてみた。