昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大山 くまお
2017/03/04

園児たちのグロテスクな「ガンバレ! ガンバレ!」

名言、珍言、問題発言で振り返る1週間

塚本幼稚園の園児たち
「安倍首相ガンバレ! 安倍首相ガンバレ! 安保法制国会通過よかったです」

『週刊文春』3月9日号

 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。国有地が鑑定価格から約8億円も低い価格で売却された森友学園問題。各メディアの報道も徐々にエンジンがかかりはじめた感があるが、その中で公開された異様な映像が日本中をかけめぐった。

 森友学園が運営する塚本幼稚園の運動会。園児たちが選手宣誓でこう言ったのだ。「中国、韓国が心改め、歴史教科書でウソを教えないようお願いいたします」「安倍首相ガンバレ! 安倍首相ガンバレ! 安保法制国会通過よかったです」。特定の政党を支持するための教育を禁止する教育基本法に違反しているだけでなく、園児に中国・韓国への憎悪表現を強要しているところがグロテスク。安倍晋三首相は「適切ではない」とコメントしたが、以前は森友学園の教育方針を「素晴らしい」「私の考え方に非常に共鳴している」と絶賛していた。本心はどっち?

塚本幼稚園の園児たち ©共同通信社

安倍昭恵 首相夫人
「幼稚園だけでなく小学校も作りたいのでというお話を伺って『名誉校長に』ということだったのでお受けしたのが二年前ぐらいだったと思います」

『週刊文春』3月9日号

 籠池泰典森友学園理事長との関係を問われた安倍首相は2月28日の参議院予算委員会で「個人的関係はまったくない」と答弁したが、籠池氏は「小学校の見学にも来てもらい、住吉大社にご一緒させていただいた」と発言(『週刊朝日』3月10日号)。両者の言い分はまったく食い違っている。

 同じく安倍昭恵氏の名誉校長就任の経緯に関しても「妻は、講演の前の待合室で名誉校長になってくださいと言われたが断っていた」「しかし、突然その場で籠池さんからそのように紹介され、拍手をされた」と一種のだまし討ちだったと答弁していたが、『週刊文春』の取材に答えた昭恵夫人は“快諾”だったことを認めている。首相はこれらの矛盾をのらりくらりとかわしていけると思っているのだろうか?

鴻池祥肇 参議院議員・自民党
「金なのかコンニャクなのかは知らん。(中身は)確かめていない」

朝日新聞 3月2日

鴻池祥肇 ©共同通信社

 森友学園問題に新たな登場人物が。麻生太郎財務相の側近、鴻池祥肇元防災相だ。鴻池氏は緊急記者会見で籠池理事長から「(国有地払い下げに関して)なんとか働きかけをしてほしい」と請われていたことを認めた。

 籠池理事長と夫人は「紙に入った物」を取り出したが、鴻池氏は「無礼者!」「帰れ!」と一喝したそう。封筒の中身は、森友学園側の弁護士によると「商品券」(FNNニュース)。いずれにせよ、金券なのは間違いない。今後、政治家の関与があったのかどうかに注目が集まる。

ドナルド・トランプ 米大統領
「軍事費を歴史的規模で拡大させ、衰えた米軍を再建させる」

ハフィントン・ポスト 2月28日

 海の向こうでは、また物騒な話が持ち上がっている。ドナルド・トランプ米大統領が軍事費を9%(約6兆円)も増額し、ほかの政府機関の予算を削減する方針を明らかにした。

 トランプ大統領は、ロイターでのインタビューに対して核備蓄を増強する考えも表明している。「私は核のない世界を誰よりも見たいと思っている人間だ。しかし、それが友好国であっても、他国に劣るつもりは決してない。核兵器で後れを取ることは決してない」。さすが「終末時計」の針を一人で30秒も進めた男だ。

ASKA
「五つ星を、たくさんいただきました。でも、あれ、実は、僕が全部書いたのです」

ブログより 2月24日

ASKA ©文藝春秋

 まさかのカミングアウトをしたのは歌手のASKA。2月22日に発売したアルバム『Too many people』のアマゾンレビューを自作自演していたというのだ。レビュー総数845のうち、星5つは814(3月3日の時点)。800ものレビューを本当にASKA本人(自称SAKURA)が書いたのか、それとも冗談なのかは謎だが、あの消去されたブログの文章量を見ると、あながち冗談とも思えないのである。

崎田恭平 宮崎県日南市長
「で、✽✽と会いたかったな フフ 鼻詰まりかわいそう 変わってあげたい」

ガジェット通信 2月25日

“イクボス市長”としても知られる宮崎県日南市の崎田市長が、20代の女性職員へのLINEを市職員数十人に誤送信。市長は不倫でもセクハラでもパワハラでもないと弁明しているが、奥様にはどのように弁明したのだろう?

岩埼友宏 小金井刺傷事件被告
「謝るつもりはない。(犯行に及ばなければ)一生屈辱の人生を送ることになる」

『週刊文春』 3月9日号

 歌手活動をしていた冨田真由さんにストーカー行為を働いた挙句、34ヶ所も刺傷した事件。捜査段階で岩埼被告はこのような発言をしていたという。まったく反省の色はない。「謝ったら負け」というのは、ネットで常に言い争いをしている人たち特有の考え方に近い。2月28日、懲役14年6ヶ月の判決が下ったが、冨田さんは「たった14年で塀の外に出てくると思うと怖い」と発言した(日刊スポーツ3月1日)。

桜井誠 日本第一党党首
「政権をとったら韓国と断交する」

産経新聞 2月26日

「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長で市民団体「行動する保守運動」代表の桜井誠氏が党首を務める政治団体「日本第一党」が旗揚げ。差別・排外主義政策を次々と打ち出し、「政権をとったら韓国と断交」と高らかに宣言したが、そんなことは起こらないので大丈夫。

ジョーダン・ホロウィッツ 『ラ・ラ・ランド』プロデューサー
「『ムーンライト』の友人たちにオスカー像を渡せて、とても嬉しい」

BuzzFeed JAPAN 2月27日

 いろいろな意味で驚きの結末を迎えた第89回アカデミー賞。作品賞は大本命の『ラ・ラ・ランド』! と思いきや、発表ミスという前代未聞のハプニング。『ラ・ラ・ランド』関係者の受賞スピーチが進む中、『ムーンライト』の受賞が発表された。

 プロデューサーのジョーダン・ホロウィッツ氏は、「これは冗談ではない。『ムーンライト』が作品賞を受賞したんだ」と観客にアピールし、オスカー像を自ら『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督に手渡した。ホロウィッツ氏の堂々とした態度に世界中から賞賛が集まったが、とんでもないミスをやらかしたスタッフ2人はアカデミー賞から永久追放されたことが明らかになった。今は辛い日々を送っていると思うけど、いつか笑える日が来るといいね……。

「ラ・ラ・ランド」で主演女優賞に輝いたエマ・ストーン ©getty
はてなブックマークに追加