昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

西澤 千央
2017/05/02

指原莉乃さんの「坂口杏里逮捕」のコメントが、芸能界のポジション女王の風格だった件

ホスト地獄よりコワい、芸能界のポジション取り

「坂口杏里ホスト恐喝未遂で逮捕」というニュースが報じられたのは、この原稿を書いている約1週間前のこと。女優・坂口良子の娘、変わっていくお顔、芸人との熱愛、セクシー女優への転身、金欠報道……と、ありとあらゆる「まぁビックリ」を展開させてきたタレントさんですので、世間的にはそれほど刺激的なニュースではなかったかもしれませんね。

「坂口杏里がハマったホスト地獄」なんていうセンセーショナルな見出しがついた記事がインターネットに躍っていますが、本当にそうなのかなとはちょっと思います。本当の地獄はホストじゃなくて、芸能界だったんじゃないのかな……と。だって、坂口杏里のニュースより、坂口杏里のこのニュースに対して芸能人が出しているコメントのほうがよっぽど地獄感あるんですもん。ということで今回は、坂口杏里逮捕に対するコメントからみる、タレントたちの必死なポジション取りについて考えてみたいと思います。

芸能界でのポジションを探し続けていた坂口杏里 ©時事通信社

芸能界のポジション取り 3つのパターン

 まず一つはオーソドックスに「心配」。

 西川史子「度を越えたバカだなって言うのは簡単なんですけど、顔がどんどん変わってきてね、整形したりとか。いろいろ悩んでいたんだろうなっていうのはすごく思う」「これから先、誰がどうやってこの子を支えていくんだろう」

「同じ芸能人として恥ずかしい、情けない」という「怒り」パターン。

 黒沢年雄「芸能人って長く生きるには、すべてにおいて高いレベルの思考力で生きている。この方みたいな『芸能人もどき』みたいな方もいらっしゃる。それと同じ(芸能人)にされるのが非常に不愉快」

「一味違うこと言っちゃうよ」パターン。

 テリー伊藤「こうなったらセクシー女優に徹して欲しいんですよ。例えばセクシープロレスラーとして今後、小向(美奈子)とタッグを組むとか」

極めつきはHKT48指原莉乃さんの発言

 正直、誰もが「大変そうだとは思うけど別に助けられるわけでもないし関わりたくもないので何も言えない」というのが本音でしょうが、それでも何かを発しなければならないのが芸能人。業が深い職業です。その発言には自分の立ち位置と世間へのアピールポイントを乗せていく。そういう意味で一番興味深かったのはHKT48の指原莉乃さんのこちらの発言。

「AVに行ったのは自分で選んだ道だから転落とは思わないけど、ファンを裏切ったのはすごく悲しい」