昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山口 真弘
2017/05/12

ムダなツイートを撲滅 ミュートすべき6つのキーワードはこれだ!

Twitterの新機能「キーワードミュート」どこまで使えるか試してみた

 Twitterに、特定の単語を含むツイートを非表示にするキーワードミュート機能が3月末に追加されました。これまでフォロワー個人をまるごとミュートする機能はあったものの、それだと必要なツイートまで見られなくなってしまうという問題がありました。

興味ないツイートやネタバレをピンポイントで非表示に

「ミュートするキーワード」はTwitterの「設定とプライバシー」→「通知」で設定できます。ちなみにミュートできるキーワード数は、本稿執筆時点で最大100個。こまめに登録しているとあっという間に枯渇してしまうのが難点です

 その点、今回のキーワードミュート機能であれば、自分にとって興味がないツイートや、テレビ番組やスポーツのネタバレなどを、ピンポイントで非表示にできます。なぜいままでなかったのか、不思議になるほど便利な機能です。

 今のところ、ドメインを指定してキーワードミュートできなかったり、ハッシュタグは完全一致しなくてはいけなかったりと、不自由な仕様も見受けられますが、それでも上手く活用すれば、タイムラインから不要なツイートを効果的に取り除けます。

 今回は筆者がキーワードミュートに登録している中で、効果が高いと判断したキーワードを紹介します。ご自身のタイムラインの整理に活用してみてください。

やってみて実際に効果が高かったキーワードトップ6を発表!

(1)「今なら」

 一般的な言い回しとしてはあまり使われず、宣伝目的の文章で多用される単語をミュートのリストに放り込んでおけば、宣伝ツイートを軒並み一掃できます。具体的には、「ゲットしよう」「集まれ」「先着」「今なら」「残りわずか」「割引」などがそれで、宣伝目的のツイートを効果的に取り除けます。なお、キーワードミュート機能の仕様上、広告として出稿されているプロモーションツイートには適用されません。

(2)  「拡散希望」

 「#拡散希望」というハッシュタグ、または[拡散希望]【拡散希望】といったプリフィクスは、ストーカーが対象の人を探すなど、よからぬ意図を持って使われる可能性があり、善意が仇となって問題行為に加担してしまう可能性が少なくありません。そもそも本当に価値があるツイートであればハッシュタグがなくとも拡散するはずで、存在そのものに疑問符がつきます。ミュートしておいたほうが無難でしょう。

(3)  「フォローミー」

 誰かにフォローしてもらうためのハッシュタグ「#followme」「#followmejp」や、相互フォローを求める「#sougofollow」「#相互フォロー募集」などは、タイムラインでは非常に目障りです。これらハッシュタグを用いる人はどのツイートにもこれらをつける傾向がありますので、当人ごとアンフォローもしくはミュートするのが望ましいのですが、やむを得ずフォローを継続せざるを得ない場合、これらハッシュタグをミュートキーワードに加えることで対処できます。

はてなブックマークに追加