昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/07/03

池上さん、「共謀罪」「テロ等準備罪」の違いは何?

池上さんに聞いてみた。

Q 「共謀罪」と「テロ等準備罪」の違いは何?

「共謀罪法」が国会で成立しました。翌日の新聞はどこもこの法案成立が一面トップに。しかし、中には「テロ等準備罪」と書いている新聞社(読売新聞)もありました。この書き分けは、どういうニュアンスの違いなのでしょうか。(30代・女・事務職)

©共同通信社

A 要は政府の言い分を認めるか認めないかの違いです。

 安倍政権は、「共謀罪」を提出しても成立しなかったので、「テロ対策」を付加することで、成立を図ろうとしました。「オリンピックを控え、テロが起きたら大変でしょう」と国民に働きかけたのです。意図は見え見えでした。

 これを批判的に見たメディアは、本質は変わっていないと考えて「共謀罪」と表現しました。一方、安倍政権寄りのメディアは、政府の言い分を「理解」し、「テロ等準備罪」と表現しました。

 どんな呼び方をするかで、そのメディアの政治スタンスが一目瞭然という稀有なケースでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加