昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 今週の必読

高校生直木賞に『ナイルパーチの女子会』

『ナイルパーチの女子会』 (柚木麻子 著)

source : 週刊文春 2016年5月26日号

genre : エンタメ, 読書

『ナイルパーチの女子会』、10票……」

 票数が発表された瞬間、会場は微かなどよめきと、安堵の吐息とに包まれた。

ナイルパーチの女子会

柚木 麻子(著)

文藝春秋
2015年3月28日 発売

購入する

 議論開始から3時間半。発言の機会を求める挙手は止まず、最後は決選投票によって第3回高校生直木賞は『ナイルパーチの女子会』と決まった。鮮やかな逆転劇だった。

 今年で3回目を数える高校生直木賞とはそもそも何か。

 誤解されがちだが、高校生が書いた小説の中からベストを選ぶ、いわば「甲子園」形式の賞ではない。議論の俎上にあがるのは直近1年間に決定した直木三十五賞の候補作計11作。プロの人気作家が上梓し、直木賞の選考会場で錚々たる選考委員たちが激論を戦わせた作品群だ。それを現役の高校生たちが読み、「自分たちなりの1作」を選ぶ。

 賞を企画したのは、明治大学文学部准教授の文芸評論家・伊藤氏貴氏。

「フランスでは、世界的な文学賞『ゴンクール賞』の候補作を約2000人の高校生が読んで議論する『高校生ゴンクール賞』があり、すでに四半世紀以上の伝統があります。この日本版を目指して取り組んできたのが高校生直木賞。回を重ねるごとに参加校が増え、応援してくれる賛助会員企業も23社にまで増えてきています」(伊藤氏)

 今回は、北は札幌から南は福岡まで19校、計183人の高校生たちが参加。各校で手分けして候補作を読み、予選会をへて11作を最終候補作6作に絞り込んだ。その上で、各校の代表者19人が集まって、5月4日、文藝春秋で本選考会が行われた。

参加19校と代表者は、札幌南・川岸夕夏/市立函館・齋藤未来/盛岡第四・土谷映里/仙台第二・三島めぐみ/湘南白百合・今野日菜美/向上・藤井夏海/鎌ヶ谷・大芝嶺花/国際基督教・藤井悠香子/青山・中島ももか/聖学院・平子雄也/南多摩・乾誠一/芝・鈴木大樹/富士・山本真子/磐田南・藤田千尋/藤枝明誠・小長井友貴/彦根東・吉田尚史/大阪薫英・仲野栞/明治学園・富永紘加/筑紫女学園・山田桃(敬称略・順不同)

 司会を務めるのは「オール讀物」編集長。予選会の点数が低かった作品から順に討議されてゆく。

 門井慶喜『東京帝大叡古教授』。明治を舞台にしたミステリで、「授業で習った言葉や人物名が出てきて読みやすい」「夏目漱石が登場して面白かった」と高校生らしい支持の声がある一方で、「歴史に興味が持てず読むのが難しかった」と率直な告白も。

 青山文平『つまをめとらば』は第154回直木賞受賞作。「時代小説だけれど、登場人物の考え方が現代にも通じていて、幅広い人に勧められる」「江戸の女性の尻に敷かれる男たちが面白く描かれている」と男子からの熱い支持がある一方、女子陣営からは「女の人の怖さと言われてもまだぴんとこない。40~60代の男性向けの話では」「出てくる女性が男性の視線を意識した理想像に思える。こんな女の人いるのかな?」との声も。

「既婚者の話が多くて、感情移入しにくい。まだ彼氏のいない子も多いから……」と“大人の小説”に戸惑う声もあり、熱心に推す男子は「女子の共感を得られなかったのが無茶苦茶ショック。女性観が揺らぎました。ちなみにうちのメンバーも誰ひとり彼女はいません」とうなだれた。

【次ページ】

はてなブックマークに追加