昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小石 輝
2017/11/12

『ブレードランナー2049』を100倍楽しむための「バーチャル恋愛」と「バーチャル家族」論

 筋金入りのこじらせオタク・小石輝と大手マスコミの後輩・恋ちゃんによる「ブレードランナー2049」談義の後半は、ネタバレありのブレラン謎解き編です。主人公のブレードランナー・Kとバーチャルリアリティー恋人のジョイ。二人の「バーチャル恋愛」をキーワードにブレランに秘められた謎を徹底的に語り尽くします!(映画未見の方は、まず予習編をごらんください)

◆◆◆

恋ちゃん(以下、恋)「ちょっと小石さん、仕事中に通販サイトを何ニヤニヤ眺めているんですか!」

小石輝(以下、小)「いやー、『ブレードランナー2049』の劇中で、主人公の『K』と、ハリソン・フォード演じるデッカードと、デッカードの飼い犬が飲んでいたジョニーウォーカーが発売されるって聞いたんでな。あわてて予約注文しておいたんよ。それが今見たらもう売り切れで、オークションサイトでもプレミアがついとる。我ながら『先見の明やった』と自画自賛していたところや。ウシシ」

「相変わらず、すがすがしいほどのオタクっぷりですねえ(もちろん皮肉)。ところで私、昨日『2049』を観に行ったんですよ」

「おお、いかにミーハーの君でも、あの大傑作は涙なしには観られんかったやろう」

「うーん、何か地味でしたねえ」

「ゲゲッ」

「少なくともデートムービーじゃないって感じ。男の人が感情移入して観る分にはいいんでしょうけどね。特に小石さんのように自我をこじらせて、『一匹オオカミ』を気取っているようなタイプには」

「……(返す言葉がない)」

 

「ライアン・ゴズリング目当てで行ったのに、彼が演じるブレードランナー『K』のイケてなさっぷりには呆れましたよ」

「あいつが人間じゃなくて、人造人間の『レプリカント』やったんが、気にいらんかったんか(ちょっと弱気)」

「それはいいんです。小石さんから事前に『ブレードランナー(ブレラン)の本質は、レプリカントが人間よりも人間らしい存在になっていく物語だ』って聞いていたし、前作のレプリカントのロイ・バッティーみたいに人間に反旗を翻し、仲間と自分の未来を懸命に切り開こうとするなんて、かっこいいじゃないですか。だけどKは人間に絶対服従で、仲間のレプリカントを見つけ出しては殺す汚れ仕事を黙々とこなしている。一番許せなかったのは自宅の狭いアパートで、『ジョイ』っていうバーチャルリアリティー(VR)の恋人といちゃついていることですね。正直『キモイ』って思いましたよ」