昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

牧野 知弘
2017/12/25

日本人は知らない「外国人が愛するニッポン的なもの」

コンクリートの五重塔に殺到してThis is Japan !!

 東京五輪まであと1000日を切った。2013年9月に東京五輪開催が決定して以降、日本は訪日外国人(インバウンド)ブームだ。2011年にはわずか600万人台だったインバウンド数は昨年2400万人を超え、今年は10月までですでに昨年値に迫り、年間で2800万人程度になることが予想されている。

 当初は、中国人観光客をはじめとする「爆買い」ばかりがメディアでは面白おかしく、また一部には迷惑行為、マナー違反として報じられたが、ここ数年で爆買いはすっかり影をひそめ、今はリピーターが増え、日本に対する理解と知識が深まりつつあるといわれている。

 先日も京都でタクシーを拾った際、運転手に最近のインバウンドの様子を尋ねると意外な答えが返ってきた。

「いやー、このまえ乗せた中国人のおっさん、片言の日本語で京都は6回目です、と言うてました。驚きますなあ。そのあとずうっと、あの寺がええ、この寺のなにに感動しただの、まあ詳しいこと」

中国人観光客にも京都は大人気 ©iStock.com

中国人に京都の良さはわからないというのが通説だったが……

 これまで京都を訪れる外国人は欧米系が中心で中国などのアジア人は少ないと言われてきた。欧米人は日本の歴史や文化に興味があるが、中国は歴史や文化は自分たちが先輩、京都なんてみても何の興味もわかない、まして文化大革命で宗教を否定されてきた中国人に京都の良さを理解するのは無理とまで言われたのだ。京都フリークの中国人の増加はこうしたなんとなく日本人が持っていた固定概念が次々と覆されている証のようにも映る。

 インバウンドは、これまでの東京、大阪ばかりでなく、地方都市にも積極的に足を伸ばし始めている。特にこれからのシーズンは、北海道のニセコや長野県の白馬などは、おそらく日本人のスキーヤーよりもオーストラリア人やカナダ人といった外国人のスキーヤーで大いに賑わうことだろう。

 ところで彼らには一泊二食付きの日本旅館のサービスは不評だ。旅館のお仕着せの刺身、茶椀蒸し、天ぷら、煮物、焼き物、吸い物、ご飯、漬物、果物、お茶といったメニューを好まないのだ。

一泊二食付きのお仕着せの日本旅館の食事を外国人客は好まない ©iStock.com

 スキーを終えて彼らが向かうのが町の食堂。日本での好物は?と聞くと真っ先に出てくるのが、「カツ丼」「天丼」「餃子」「お好み焼き」である。もちろん「ラーメン」もグッドだが、彼らの国でも楽しめるので、もっぱら海外ではあまり見られない日本のB級グルメに関心が集まるようだ。

「ヤキトリ、ピザ、オネガイシマース」

 彼らは町の食堂でこれらの安くておいしい「日本料理みたいなもの」に舌鼓を打ったあとはバーで一杯だ。ところが地方の観光地に彼らを満足させるようなバーは見当たらない。彼らはホテルに戻ると、ホテルの1階にあるフレンチレストランにしけこみ、バーボンウィスキーやカクテルを飲み始める。そして恭しく出てきたウェーターに向かってひとこと。

「ヤキトリ、ピザ、オネガイシマース」

 ある高級ホテルでは、フレンチレストランのシェフがこうした外国人の注文に、

「俺は居酒屋の料理人じゃねえ、つーの!」

 とぶち切れてやめてしまったそうである。

 いっぽう日本中に足を伸ばし始めた中国人は、町の食堂に出かけることはなく、ホテルの部屋の中で国から持ってきたカップ麺を食べるのだそうだ。別に食費をケチっているのではなく、裕福な客でもあまり部屋から出て他の人々とは交わらないのが彼らの習性だという。こうした実態をよく理解しないとインバウンドに対する「おもてなし」なんてできはしないのである。

富士急行線「下吉田」駅が外国人から熱い注目を集めているワケ

 外国人に対する日本人の「想い」がずれてしまうのは食べ物ばかりではない。山梨県富士吉田市にある富士急行線「下吉田」駅は、今や日本にやってくるタイ人がぜひ観たい日本の代表的な場所になっていることを多くの日本人は知らない。