昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

恋人もgetで、幸せ度2割増し! 勝間和代氏に聞く、汚部屋脱出法

『2週間で人生を取り戻す! 勝間式 汚部屋脱出プログラム』 (勝間和代 著)

genre : エンタメ, 読書

――ミニマリスト(モノを持たない主義の人)の、ミニマムライフの本などが大流行中ですが、勝間さんはミニマリストというわけではないですよね?

「はい。自転車、ITガジェット、麻雀、ゴルフ……と、多趣味ですし、便利・効率的と言われるとついつい、買ってしまうほうで、どちらかというとモノ好きです。だから、断捨離前の部屋は、本当にひどいことになっていました」

いたるところがこの状態に
断捨離前の部屋

――部屋をきれいにしたほうがいいと分かっていても、一度、汚くなってしまうと、あきらめの境地というか、思考停止しますよね。

「それは多分「収納」のスペースよりも「モノ」が増えた状態で、それを私は「収納破産」と呼んでいます。そのポイントを超えると部屋は加速度的に汚くなります。多くの人が、ここで「収納場所を増やそう」とするのですが、それがそもそもの間違いで、収納に見合った分だけになるまでモノを捨てなければならないのです」

――勝間さんは何がきっかけで、断捨離しようと思い立たれたのですか?

「その頃アップルウォッチを付け始め、毎日のカロリー消費量を測ってみたら、毎日の目標消費量に全く届いてないことが分かったんです。それで、家事や掃除をこまめにして毎日ちょこちょこ動くようにしようと思ったことが一つ。もう一つが、睡眠の本を読んで、昼間の効率を上げるためには睡眠の質を上げることが重要で、「寝室に寝るためのモノ以外を置くな」と書いてあったことです。寝室にも、洋服などが床に散らばっている状態でしたので、まずは片付けてみようと。あと、その頃、ちょっといい感じだった男の人がいたのですが、ヤバイ、このままだと誰も家に入れられない、と思ったことも背中を押しました(笑)」

――寝室を片付けて、すぐに効果は出ましたか?

「寝室は1日の3分の1を過ごす場所ですから、確かにきれいになると、掃除もしやすいし、衛生的で毎日が快適になるんです。そこからドミノ倒しのように、他の場所の断捨離もしたくなりました。どこの部屋から断捨離を始めると、成功しやすいかについては、明確なルールがあります。本の中にはその順番を導き出す書き込みシートも付けています」

――なるほど。家全体を断捨離するのに、どれくらいかかりましたか? それで、何割くらいのモノを捨てられたのでしょう?

「うちは結構部屋数もあったしためこんでいたので、1ケ月くらいかかりましたが、普通のご家庭なら2週間でできると思います。おそらく8割のモノを捨てたと思います」

同じスペースが大変身
モデルルームのよう
モノがなくすっきりと

【次ページ】

はてなブックマークに追加