昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

超異例! "古生物"の本がAmazon総合1位に。納得のワケとは

3200円の豪華本。ひとめで伝わるコンセプト

 1冊の古生物の本が、超人気アイドル写真集や著名タレントの本を押しのけて、Amazon和書総合ランクで1位を獲得、古生物ジャンルとして異例の大ヒットになっていることをご存知だろうか。

 しかもその本は発売の2週間以上前で、予約段階だったというからさらに驚きなのだ。

発売前にAmazonのストックがゼロに?

 その本とは7月21日に発売になったサイエンスライター土屋健さんの『リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』(技術評論社)である。

「発売前ではありましたが、一時Amazonのストックがゼロになり、予約が出来なくなったこともありました」と担当編集・大倉誠二さんは振り返る。

『リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』の紙面 ©技術評論社

 大倉さんが最初に異変を感じたのは7月2日だったという。

「何気なくAmazonの予約ページをのぞいたところ、『リアルサイズ~』の順位が36位くらいになっていることに驚きました」

 36位というと「それほどでもないのでは」と思われるかもしれないが、これは本全体の総合ランク。アイドル写真集やスポーツ選手のエッセイ、自己啓発本など“ヒットが出やすい”ジャンルもすべて含めての順位なのだ。

 そのなかで古生物ジャンルの本が発売前の予約段階で36位なのだから、これだけでヒットと言っても良いだろう。

6万RT&15万いいねされたツイート

「たまには良いことあるなあ、と思っていたら、それからすぐに総合1位になったという一報が……。もう、目が点になりました。『世の中に古生物好きがこんなにいたの!?』と」

大倉さんの驚きとともにAmazonでの注文数は急増。一瞬の在庫切れで順位が落ちたものの3、4日間、総合1位の座を守り続けた。

 ではこの異例のヒットはどこから生まれたのだろうか。

「ひとつのツイートがきっかけでした」と著者の土屋健さんは証言する。

 7月1日に「リアルサイズ古生物図鑑が死ぬほど楽しみ。」とつぶやかれたこのひとつのツイートがあれよ、あれよと言う間に大拡散。6万RT、15万いいね、と『リアルサイズ古生物図鑑』の情報がネット上を駆け巡ったのだ。