昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

プロ野球シーンのど真ん中へ オリックスの若き右腕・榊原翼への期待

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/10/22

 10月17日の文春野球コラムで塚原頌平の事を記事にした。彼はその背中の翼の傷を癒し再び飛躍すると。そしてそのコラムが掲載されたと同日。皮肉にも宮崎ではまた違う若き翼が、こちらは大きく羽ばたこうとしていた。

 プロ野球の世界、いや、どんな内容であれプロの世界は常に非情である。断崖に立つ選手もいれば、今まさに翼を広げ飛躍の時を迎えようとしている選手もいる。このコントラスト、陰影の激しさこそがプロの世界の厳しさを大きく物語っているのだろう。宮崎で飛躍の時を迎えようと大きく広げた翼。いまBs選手で真っ先に思い浮かぶ期待の星。20歳の本格右腕、榊原翼である。

 10月17日にみやざきフェニックスリーグで行われた対千葉ロッテ・マリーンズ戦では、5回まで2塁を踏ませないピッチング。非公式戦とはいえじゅうぶん過ぎる内容だ。高卒で育成契約選手としての入団ながら、2019年シーズンの先発ローテーション入りを狙う若き右腕。その名の通りまさに今、プロ野球のシーンの真ん中へと飛躍する、その翼を大きく広げたばかりと言えるだろう。

2019年シーズンの先発ローテーション入りを狙う期待の星・榊原翼

山本由伸を先発起用しない首脳陣の思惑

 Bs投手陣で若き才能といえば誰もが山本由伸の名前を真っ先に挙げる事だろう。2017年シーズンのファームでの活躍ぶりから、未だ先発起用を求める声も多い。確かにスターターの確立とリリーフ陣の整備といった、投手陣の役割分担の構築は現代野球に於いての至上命題と言える。しかし先ずはスターターが試合を作ってこその野球。だからこそ役割分担上、山本に先発ローテ入りを望む声が多いのも頷ける話だ。

 しかし佐藤達也、それに塚原の活躍がすぐには望めない現状、スターターとしての才能を持ち合わせた山本を、首脳陣はあえてセットアッパーとして起用する事を選択した。リリーフ陣の整備を優先した結果とも言えるだろう。勿論Bs投手陣は比較的スターターが充実していたからこそ、そのような起用が出来たとも言えるのだが。しかし自分にはもう一つ、首脳陣の別の思惑があったように思えてならない。

 長年、金子千尋それに西勇輝が牽引したBs投手陣であるが、近況として若返りが強く望まれるようになった。いや、既にそんな時期に差し掛かっていると言えるだろう。山岡泰輔、それに田嶋大樹と左右の若きエース候補もいるが、中6日が基本の日本のローテーションに於いては、外国人選手の存在を加味したとしてもあと2枚、最低でも1枚のスターターが必要になる。その1枚の若返りが強く求められているのだ。ここに山本が入るのが本来の姿とも言えるが、自分には、共に1998年生まれの同い年本格右腕、榊原の存在があったからこそ、Bs首脳陣は思い切って山本をリリーフ起用したのではないかと思えてくる。そう、首脳陣は近い将来、榊原がローテの一角を担えるとの算段が、既に立っているのでは無いだろうか。