昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“原爆Tシャツ”で炎上のBTSが「21世紀のビートルズ」と呼ばれる理由

「多様性」とは生きる上で考慮しなければならない要素が増えること

2018/12/16

 2017年、アメリカの3大音楽授賞式の一つ「アメリカン・ミュージック・アワード」(AMAs)で単独ステージに立ち、世界のポップ界を驚かせたBTS(防弾少年団)の勢いは、2018年に入りさらに加速した。

 2枚のアルバムがともにビルボードアルバムチャート(ビルボード200)1位を獲得するという、アジアのアーティストとしては初となる快挙を成し遂げると、韓国ソウルのオリンピックスタジアムからはじまり、ニューヨークのシティ・フィールドスタジアムやロンドンのO2アレーナなどを経て日本の四つのドームで幕を降ろしたワールドツアーでは、16の都市、79万席のチケットをすべて完売させた。

BTS(防弾少年団) ©Getty Images

BTSは「YouTube時代のビートルズ」?

 その「グローバルなセンセーション」に注目したイギリスのBBCやフランスのフィガロ、アメリカのフォーブスなどは、BTSを指して「21世紀のビートルズ」「YouTube時代のビートルズ」などと称した。単純に商業面での成功を比較し、そう呼んだわけではない。1964年、ビートルズがニューヨークのケネディ空港に降り立った瞬間から巻き起こった音楽的・産業的・社会的な変化とそれを支えた献身的なファンダム。当時を覚えている多くの人は、そのエネルギーをいまのBTSから感じているようにみえる。

 ビートルズの時代を簡単に振り返ってみよう。ビートルズがアメリカに進出したとき、その自由な振る舞いと明るい音楽は、1963年のジョン・F・ケネディの暗殺後、求心力を失って沈鬱な雰囲気に満たされたアメリカ社会に衝撃に近いエネルギーを与えていた。とくに「ビートルカット」とも呼ばれたマッシュルームのような長い髪型と自由奔放な表情は、短い髪型をしたマッチョな男性像が強調されていたアメリカのメディア文化そのものに新たなトレンドをもたらした。さらに、グローバルなポップスターとなっていく中で、ビートルズはさまざまな変化を試み、献身的なファンダムとともに「愛と平和を象徴するアーティスト」として成長していった。

ステージでパフォーマンスするビートルズ ©文藝春秋

 2013年に韓国でデビューしたBTSがグローバルなポップスターに成長するまでの過程にも、ビートルズの軌跡に重なるような興味深い要素が多々見られる。