昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

終わりなき「深夜に女が1人で外出」論争について思うこと

かくいう私も、何度も夜道で怖い思いをしています

2019/02/12

「女が深夜に外を出歩くなんて、性犯罪に巻き込まれても文句が言えない」という男性のご意見を聞くと、女性である私としては「なんだとこの野郎」とつい食ってかかりそうになるんですが、これってかなり複雑な問題なんだろうなと最近思うようになりました。

極端な意見が対立する構図

 ネットをうろうろしていると、これに対して「女が安心して外出できないのはすべて男のせいだ! 女性の権利が侵害されている!」という怒り狂った女性の意見が出て、さらに「じゃあ、もう一歩も外に出るなよ」みたいな論争をよく目の当たりにしますが、もうそれはまさしく阿鼻叫喚の地獄。私の脳内で鈴木雅之が「違う、そうじゃない」と小気味良いステップを踏み始める始末なのであります。

©iStock.com

 これって、どちらも間違いではないんですよね。ただ、極端な意見が対立してしまっているから議論が成立していないというだけで……。女性が1人で夜歩きをしていると狙われやすいという事実は確かにありますし、性被害などを恐れる女性からすると「男性がいなければそんな目に遭わずに済むのに」とついつい恨み節をこぼしてしまう気持ちも十分にわかります。

危害を加えてくる男性は「目」が普通じゃない

 かくいう私も、夜道で怖い思いをしたことがあります。いずれも1人で帰路についていたときのことでしたが、男性に後をつけられることが何度もあったんですよね。一番多かったパターンは、さっきすれ違ったはずの男性が、わざわざUターンをして私の後ろをついてくるというものです。

 何度かこういう経験をしていたせいか、私はそのうち危害を加えてくる男性とすれ違う瞬間に「あ、この人やばいかも」と気付く特殊能力が使えるようになりました。今までにそう思った男性は、ほぼ100%の確率で後をつけてくるか、しつこく声をかけてくるか、「あは、あは、待ってよぉ~~~」とか言いながら走って追いかけてきたので、多分気のせいや偶然ではないのだと思うのです。

©iStock.com

 彼らは他の男性と何が違うのだろう、と考えてみたところ、どうやら「目」が普通の人のそれと明らかに違うんです。男性にはピンとこないかもしれないのですが、彼らは女性を見るとき、オスの顔をしていると言いますか、「狩り」の目になっていると言いますか、本能の部分(多分性欲の面で)をむき出しにしているような、女性からすると思わず「ゾワッ」としてしまう目をしているんですよね。