昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

橋賀 秀紀
2017/03/18

性的被害多発のインドで航空機に初の女性専用席が誕生

プロが教える「旅の新常識」

 インドの国営会社であるエア・インディアが2017年3月3日までに、運航乗務員から客室乗務員から整備士、管制にいたるまですべて女性のスタッフによる世界一周のフライトを行ったと発表した。これは3月8日の国際女性デーにあわせたもので、ギネス世界記録に申請しているそうだ。

「女性初」という冠を耳にタコができるほど聞いてきたので、まだそんなことを言っているのか(当方としては安くて快適なフライトであれば男性であろうが女性であろうが気にしない)と思わなくもないが、インドにおいては画期的なことであるのかもしれない。

 実はこのフライトに先立って、2017年1月18日にエア・インディアは機内に女性専用座席の設置を発表している。エア・インディアによれば、航空機に女性専用の座席が設置されるのは世界初とのこと。

女性専用座席を設置したエア・インディアのエアバスA320型機。現在のところ、インド国内線に限定されている

 その概要は以下のとおりである。

・エコノミークラスの前から3列目が女性専用座席(女性専用列)となる。
・当面はエアバスA320型機(計6席)が対象となり、その後、数か月以内に対象の機材は拡大する予定。
・対象は1人で搭乗する女性。女性2人組でも利用できる。
・利用料金は無料。出発の90分前までにエア・インディアの支店や空港でリクエストを受け付ける。
・設定される便はインド国内線のエア・インディア運航便に限定。エア・インディアの子会社であるアライアンス・エアやコードシェア便の他社運航便では設定されない。国際線の便の一部区間が同一機材で国内線を運航する便についても設定されない。また、将来国際線に設定されるかどうかについては明らかにされていない。
・子どもが一緒の場合は利用できない。ただし、乳幼児と一緒の場合は利用可能。ただしその場合、バシネット(乳児用ベッド)は利用できない。

 こうした座席が設定された背景として、エア・インディアの機内で男性の乗客が女性の乗客の体に触るというトラブルが相次いでいることが挙げられる。

はてなブックマークに追加